■2016年度の年間ラウンドデータの集計を完了!  受傷から復活を迎えた初年度のプレーやいかに・・!?

あわただしい年の瀬をむかえる今日この頃、皆様は、いかがお過ごしでしょうか?
今年も残すところ一週間あまりとなりましたね。

今年度の私のゴルフライフを振り返ってみると、昨年3月に受けた骨折によるプレート挿入受の手術1年後となる今年2月のプレート除去手術から始まりました。
その後すぐにリハビリを重ね、1か月後のリハビリを兼ねたラウンドから本格的なスタートが始まり、久しぶりの競技への参加まで・・。

あっという間の一年間でした。

そして、今年度のラウンド数は43ラウンドへ。
すっかり、過去のペースにもどすことができました。

毎年この年末の時期になると、恒例で今年度の総括をテーマにブログ記事をまとめていたのですが、今回2年ぶりに年間のデータを発表することができるようになりました。

ゴルフをすることが出来ない辛く長い期間中のことを思い出だすと、今の自分がとても幸せであることをを感じることができます。

健康であること。これが、如何に幸せであるのか。
このことを今後も忘れないように頑張っていきたいと思う次第です。

それでは、一昨年に受傷した骨折による手術、リハビリからの復活において、私自身のゴルフの内容はどのように変化があったのか。
さっそく、分析をしてみたいと思います。

さて、まずは今年1年間のラウンドを集計した結果について以下に掲載します。


◇2016年度年間ラウンドデータ実績◇

            【実績データ】
■平均ストローク 78.60
■平均パット数 30.82
■平均パット数 (パーオン時) 1.96
■パーオン率 45,80%
■バーディー率 0.96(5.31%) 
■パーセーブ率 62% 
■リカバリー率 42.6% 
■3パット率 0,78(4.32%))
■サンドセーブ率 38.3%




例年であれば、年初に立てた目標値に対する乖離幅をもとに、評価を行っていたのですが、今年度は復活の初年度であり、まずは、目標にはこだわらずに、それぞれのラウンドにおいて目の前の1打1打に集中することだけを考えてプレーを重ねてきました。


さて、本年度実績のポイントとなるデータを過去のデータと比較してカテゴリ別に分析していきたいと思います。

まず、基本となる平均スコアについては、やはり、昨年度1年間活動ができなかったブランクの影響は大きく、過去10年間の実績と比較すると、ワースト記録になりました。


本年度の平均スコアは78.6ストロークですが、この数字は過去10年間におけるベストとなる平均スコアから0.93ストローク、10年間の平均ストロークから0.61ストローク多いものです。



データとして分析してみると、1ストロークにも及ばないものだったのですが、この1年間を通してプレー中に感じていた喪失感はかなりのものでした。

実際に、私くらいのプレーヤーがラウンド後にまずまずのプレーだったと判断する基準となる「70台」でのプレーの割合が、今年度のアベレージだと60%になるものでした。(これも、過去10年間でのワースト)

この点では、ベストアベレージの年度(2011年)には80%、その他のシーズンでも75%程度の割合で70台のスコアでプレーしているデータを顧みると、僅かに感じる平均0.61ストロークが、80台でのスコアを生み出す要因となり普段のプレーで感じる大きなストレスの原因となっていることは間違いありません・・(汗)

やはり、70台のプレーと、80、81ストロークのプレーでは達成感に大きな差があるもので・・(汗)
今年度のスコア履歴を見直してみると、ほぼ4割のラウンドで80から83ストロークとなる70台スコアの次点となる範疇でのプレーとなっていました。(この範疇を超えるスコアは3回のみ)

やはり、70台でのプレーは増やしたい。
来年度は、是非とも、この過去10年間のアベレージと比較した0.61ストロークの改善に取組みたいと思います・・(笑)

では、ワーストのアベレージとなる原因はなんなのか?
その他のデータから読み取ってみたいと思います。

まず、ラウンド中も感じていたのですが、明らかにグリーンを捉える回数が減っている。
そう、パーオン率が悪化しているのです。

パーオン率45.8%・・・。

これは、過去10年間のデータから導き出した平均54.0%から大きく乖離するデータなのです。

過去平均であるパーオン率54.0%であれば、1ラウンドでグリーンを捉える回数は、10ホール程度あるのですが、今年度のパーオン率45.8%だと8ホール程度となります。
僅か2ホールですが、年間を通して考えれば、多くのバーディーチャンスが奪われたことになります。
また、8.2%のパーオン率の低下は、ティーショットや、セカンドショットの精度の低下を計るには、十分すぎる数字であり、このショットの精度の低下に伴い、たとえグリーンオンしたとしても、ピンから遠い厳しいパッティングラインが残るであろうことも容易に想像ができます。

この結果を物語るように、バーディー率も14年ぶりに1ラウンドあたり1個を切る0.96個(5.31%)というデータになっています。

これらパーオン率やバーディー率は、私自身が80台前半でのアベレージでプレーをしていた時代のデータと重なるものであり、来年度以降のプレーの改善の基礎となるデータだと思われます。

それにても、これらのデータの悪化があって、よく0.61ストロークの増加に収まったものです。
過去のデータと照らし合わせると、83~84ストローク程度のアベレージだった時代に重なります。

この点については、その他のデータがその理由を教えてくれました。

まず、私の最も得意とするアプローチの結果を図ることができるリカバリー率ですが、この数字は42.6%でデータ取得以降のアベレージである43.8%を若干下回る程度で推移できていました。
特に、この数字にも影響を与えるサンドセーブ率が38.3%を示しており、何故かバンカーショットとその後のパッティングのアベレージが大きく改善していました。

この点は受傷後もアプローチは早い段階で練習に復帰が出来ていたためだと思われます。

また、バーディー率の低下から、パッティングの不調が見られるのかというと、3パット率のデータはラウンドあたり0,78個(4.32%)で過去最高となる記録を示していることからも、ショットの精度低下による影響がバーディー数に影響を及ぼしていることが伺えます。

以上の分析の様に、ショートゲームのデータが、ここ10年間のアベレージと比較しても遜色のない結果を残している(サンドセーブと、3パット率は記録更新の実績)ことが、古き時代の過去のデータとの違いを物語っているようです。

以上のデータ分析から、今年度の平均スコア実績を過去10年におけるワーストとしたものは、受傷による左肩の損傷の影響を大きく受けた、ドライバーショットや、アイアンショットの精度ダウンによるものであることが判明しました。

ラウンド中は、アプローチに以前のようなフィーリングを感じることができなくて悩んだりもしたのですが、結果は、ショットの悪化によって、より難しいシチュエーションからのアプローチを余儀なくされていた回数が増えたせいかもしれないですね・・。

やはり、人間の感覚だけでは、本当の原因を導き出すのは難しいものだと感じました。

今回の取り組みのように年間の実績をデータ化して、過去の実績と比較してみることは、今年度の私のように大きな怪我から復活を試みるような場合には、非常に効果的な分析ができるのではないかと感じた次第です。

いずれにしても、大切なのは分析した結果を次年度に向けてフィードバックすること。

年明け早々から、現時点における問題点の解消に向けて、取り組みを進めていきたいと思います!


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■目まぐるしく過ぎ去っていく時間の中で・・  もう年の瀬が・・

今年の中頃から、日常がいつも目まぐるしいスピードで進んでいます。

仕事や、生活周辺の環境にも変化があって・・、
今日中にすべきこと、明日までにやらなければならないことなどが、次々に飛び込んできて、こなしていくことで精一杯という日々が過ぎていくのです。

そうして目の前のことにとらわれながら、いつしか歲月は流れていき・・
気がつけば、今年も残された期間はあと僅かではないですか・・!?

例年、年末になると、年初に掲げた中期的な目標に対してその達成度を計るために、年度の実績を集計してこのブログ発表していましたが、今年は怪我からの復活の年と位置づけて、特に目標を立てずに活動を続けてきました。

でも、来年度からはやはり、目標を立て、その達成を目指して日々の活動を続けていきたい。

そのために・・

まずは、今年度の実績を集計してみたいと思っています。

丸一年間のブランクがどのような影響を及ぼしたのか。

ぜひ、分析してみたいと思います。

でも・・・、

本当に、すっごく忙しくて・・・(汗)

・・いつになることやら・・・(涙)


こんな状況の中で、最近、つくづく感じるのが、環境は常に変化するということ。
自分ではどうにもならない大きな流れが容赦なくおそってくる。

そんな中でも、

やはり、ゴルフへの取組み姿勢だけは、流されない様にしていきたいと思う今日この頃なのです。


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







■久しぶりに「友の会コース」の月例杯へ・・!  ~冬を感じさせる機構の中でのラウンドでの粘り

先日は、久しぶりに「友の会コース」の月例杯に参加してきました。


久しぶりのコースでは11月の初旬でもあって、取り囲む木々も赤く色づき始めてとても美しい景色が待っていました。
この日は、午前中は比較的太陽の光の中で温かい環境の中プレーすることができたのですが、午後から、天候がガラッと変わって・・・。

黒い雲に覆われ始めたかと思うと、非常に強い風は吹き始め、一気に体感温度が下がっていきました・・(汗)

もう、完全に真冬を感じさせる気候なのです。

私なんて、昨年以降入れっぱなしのネックウオーマーと、手袋と、カイロを持ち出して対処したのですから、

本当に寒かったですねぇ。

もうちょっと、秋の日を感じるプレーを続けたいものです・・。


[当日のコース状況]
20141124_01.jpg




まずは、今回のラウンド結果からご報告です。


Out40 In41 Total 81 
29P
パーオン7H

↓ホールバイホールはこんな感じです。
Out --〇-□△△-△ +4
In  △△△△-〇-△△ +5




スタートはアウトコース。

前半の3ホール目では、久しぶりにパー5で2オンして2.5mのイーグルチャンスにつけることができました。ただし、結果はこのパットを僅かにショートしてのバーディー。

以降もスタートから危なげのないプレーを続けることができていたのですが、5番ホールでのコース戦略の誤りから一気にペースダウン・・。

原因は、中途半端な刻みから入れてはいけないピンから50ヤードのバンカーに捕まったこと。
このホールのバンカーから・・出ず、寄らず、入らずのダブルボギーの失態から流れが悪くなったのです。

このような「少しでもピンに近づけたい」の気持は要注意ですね。やっぱりしっかりと距離をコントロールした刻みに徹したいものです。

で、前半は好調のショットの中でも4オーバーとなってしまいました。

さて、昼食後は、最初にご説明した通り、一気の天候は冬模様へと変化を遂げ・・
寒さが最も苦手な私は、少しずつ良い感覚を奪われていきました・・(笑)

それでも、相変わらずドライバーは好調だったのですが、強い風に、アイアンショットの距離感や、方向性を狂わされ、乗らず、寄らず、入らずが続く中でボギーを積み重ねていく展開になってしまいました。

途中、チップインのバーディーが少しの薬にはなったのですが、日没が掛かる上がりのホールではすっかり体も冷え切ってしまい、ゲームオーバーの展開でした。

でも、スコアが示す結果よりも、ショットの内容が良かったのは救いです。

それに、ここ最近、右手小指の腱鞘炎が随分と良くなってきていて、グリップがほどけるようなミスも無くなってきました。

シーズンオフを前に、ショットの調子が上がっていくというのも、なんだかなぁって感じなのですが、来期以降の中期的な目標として取り組んでいるスイング改造(フェードボールの習得)もありますので、これからの季節ももうちょっとだけ頑張ってみたいと思っています!



↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村






■今シーズンの終盤に向けて効果的な練習を  ~秋晴れの週末に来季への思いを

空一面を茜色に染めての日没は、やはり秋ならではの色合いですね。

私は、先週末、仕事終わりの金曜日の夕方から土曜日まで練習場でゆっくりと過ごしました。

ここ最近、ラウンドがずっと立て込んでいて、ゆっくりと自分自身を見つめ直すことに必要な練習時間が取れていなかったので、週末はしっかりと計画的に練習を行うことにしたのです。

ラウンドを中心に練習すればいいだろうという友人もいるのですが、ラウンド時は、行ってはいけないハザードやOBの存在に気持ちが左右されて、どうしてもスムーズなスイングができずに小さくまとまり、こういった影響が少しずつスイングの軌道や、スイングリズムに変化を及ぼしていくものだと考えるからです。

目標に向けて自信をもって振りぬいていく。

これは、練習場で繰り返し成功体験を積み重ねることで、
自分自身の中に大きな自信を植え付けることでかなり解消できるのではないか。

私自身は、このことをずっと過去のドライバーショットの改善で理解するに至りました。

恐らく、多くのアマチュアプレーヤーにとって、スコアメイクの障害となるのは、「未完成なスイングに対する不安感」なのだと思います。

ある程度、高いレベルで競技を戦う上では、精神面の問題がスコアに反映されることもありますが、ほとんどの場合は、自分自身の技術に対する信頼感のなさがスコアに影響していると私は考えています。


・・と、いうことで今シーズンの終盤に向けてしっかりといいイメージを焼き付けるために、球数をキープする練習を行ってきました。


さて、その具体的な練習内容ですが、金曜日には練習場の「打ち放題」のサービスを使って、連続打ちや、片手打ち、ステップや、片足打ちなどのドリルを中心とした練習で300球近く。球数を使った練習を行いました。
ドライバーショットについても、スライス、フックと球筋を打ち分けながら50球程度打ちこみました。
これは、毎週末に必ずやっている練習形式です。

ただ、故障している腰、右肩、右手小指への配慮から、その球数の多くはアプローチの練習に振り向けたものとなりました。

そして、土曜日夕方から「アプローチ練習場」で40ヤード以内のアプローチと、バンカーショットの練習を2時間行いました。



20160821_3.jpg



最近テーマにしているのが、20ヤードと30ヤードのロブショットです。
これは、これまで、アプローチの中では最も苦手な分野と認識していた点を改善したい・・と、いう思いから始めたものなのです。

そして、この時もボールを10個程度打ったら拾いにいくことで、有酸素運動も兼ねて・・
しっかりと歩数を稼いでウオーキングもやっています・・(笑)

さて、冒頭に考え方を述べましたように、苦手なショットも繰り返しの練習の中で自信が持てるようになれば、コースでも前向きに目標を狙ってボールを運べるようになる。

今秋以降は、少しずつですが、このように苦手な分野に対して、『自信の醸成』を図る取組を根気よく続けていきたいと思っているのです。

もちろん、故障している箇所には十分な配慮のうえで。
12月以降には、少し休んで、体の回復を図りたいと考えていますので、あと少しの期間。

来期以降の成績アップに努めていきたいと思っています!

残された秋のシーズン、頑張りますよ~!


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■2016年度 クラブチャンピョンシップ杯を終えての総括

週末は、メンバーコースのクラブチャンピョンシップ杯(決勝)の開催日でした。

私のホームコースでは、予選12位タイまでのメンバーが決勝へ進出し、最終結果は予選の27ホール決勝の27ホールのスコアを通算して54ホールのストロークプレーでの戦いになります。



【早朝の風景】

20131014.jpg



今回のクラブチャンピョンシップ杯については、実は先週の予選会で、40・40・42の122のプレーでトップの選手とは10打差の状況となっていて、チャンピョンは望むべくもなく・・(汗)

決勝では、予選での不甲斐ないプレーを決勝では納得のプレーに変えたいと思って臨みました。

ただ、これまでのブログでも報告の通り、受傷後の左腕の後遺症をかばうがゆえに、反対側の右腕の方の肩の痛みと、右手小指の腱鞘炎が発症してしまっており、思うようにスイングが出来ない状態なのです。

ただ、そんなことを言い訳にしても何も変わるわけでもなく。

出場するからには、出来るだけの準備を行い、悔いのないプレーを目指すべく、頑張っては見たのですが・・・

決勝を含むトータルの結果は以下の通り・・。



【予選】 合計 40+40+42=122  41P(27H)
          パーオン 9H (27H)
【決勝】 合計 41+41+43=125  45P(27H)
          パーオン 8H (27H)


【トータル】 122+125=247ストローク (54H)  
      平均スコア 82.3      
      パーオン率 31.5%      
      平均パット数 28.9




さて結果は、ご覧の通り・・更に傷口を広げるようなものとなりました・・(汗)

敗因は、単純にショットの安定感の欠如でした。

特にフェアウェイウッドや、アイアンで、何でもないライからのトップやダフリがいつになく多く、スコアに大きく影響してしまいました。

また、アプローチの距離感に苦しみ、予選、決勝を含めてピンをオーバーしてしまう距離感の修正ができませんでした。

課題は、やはり普段からずっと問題だと捉えていた部分ばかり。

やはり普段からの問題点が、こういった気持ちの高まるプレーの時に、よりミスの発生確率が高まる方向で現れるのでしょう。

そもそも復活の初年度から、思い通りのプレーができるとは思っていませんでしたが、トップで予選通過し、最後まで優勝争いを続けられた2年前の姿からすると、やはり大きくゴルフの内容が変わってしまったことを痛感した次第です。

さすがに気落ちしてしまって元気のない状態なのですが、いつまでも悔やんでいても何も変わらないのですから、気持ちを入れ替えて、また来週からのゴルフを楽しんでいけるように練習をスタートしたいと思います。

そしてまた、以前のようなプレーができるように、反省すべきは反省し、来年のクラブチャンピョンシップ杯での納得のできるプレーを目標にまた、1年間のトレーニングに励んでいきたいです。




↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村






テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
45位
アクセスランキングを見る>>