■パッティングにおけるヘッド軌道・・・  ストレート・トゥ・ストレート軌道は可能なのか!?  ~山田パター工房  山田 透氏の研究では・・

皆さん『山田パター』ってご存知ですか?
私は、ずっと以前にこの工房で作られたパターを使っていたことがあります。

この工房・・ここ最近、安倍総理がオバマ大統領にこの『山田パター』贈ったことがきっかけとなって、世界中から注目を集めているらしいのです。
アメリカ、ドイツ、フランス、韓国など世界20カ国から注文が殺到しているのだとか・・(驚)

気になって「山田パター工房のHP」を訪れてみると・・
ここ→  http://www.maroon.dti.ne.jp/yamada-putter/

・・・噂通りに大変な状態になっているようですね・・
作業に集中するために電話での対応すら出来ない状況だと・・(汗)


さて、私にとっては、山田パター工房の社長「山田 透」氏は実はこのように有名になるずっと前から注目していた存在でした。
それは、彼がパターの作成のみならず、「パッティング」ストロークについて熱心な研究を続けている姿勢を知っていたからです。

なかでも長らくパッティングストロークにおける「ストレート・トゥ・ストレート」軌道を提唱し続けていたところに注目していました。その名も“完全立振り子”

ずっと以前から、その内容は何度かゴルフ雑誌に掲載されていて、その記事の内容で興味を持ち始めました。
山田氏は、パッティングについてのあらゆる研究の中で、2mのパッティングが僅かフェースアングルが1.5度狂っただけでカップインしない事実を知り、より精度の高いパッティングストロークの研究を始めて、パッティングシュミレーションが行えるパッティングロボットを作成しました。
そして、そのロボットによる検証の結果、パッティングにおけるストレート・トゥ・ストレート軌道の有効性とその実現方法を指摘していました。

通常であれば、パターには70度程のライ角度があるので、自然に前傾した浅い軸を中心としたストロークすればやはり緩やかなイン・トゥ・イン軌道になる。

彼がパッティングロボットから導きだしたストレート・トゥ・ストレート軌道の手法は、深めの前傾で首筋をグリーン面と並行とすること。簡単にいえばここを軸と意識してストロークするのがポイント。

「この内容については、久しぶりに今週号のゴルフダイジェスト誌にも掲載されています」

↓こちら
週刊ゴルフダイジェスト2013年5月28日号 [雑誌][2013.5.14]週刊ゴルフダイジェスト2013年5月28日号 [雑誌][2013.5.14]
(2013)
ゴルフダイジェスト社

商品詳細を見る


また、専用のストレート軌道を習得するためのパター練習器(DREAM54)も考案しそのストロークの実現をサポートしています。。

こんな、彼のパッティングに対する研究熱心さにずっと注目していたのです。
すこしでも、パッティングが上手くなりたいと、あらゆる情報を目を皿のようにして探していた私にとっては、非常に大きな影響を与えてくれた存在でもあります。

ツアーで活躍する多くのパッティングを得意とするプレーヤ-のストロークは実に千差万別で、やはり自分にとって最もストロークし易い方法をとることがベストだと思うのですが、私自身は彼の提唱する「ストレート・トゥ・ストレート」軌道の有用性について、今後もつきつめてトライし続けてしてみたいと考えています。


PS.世界最小ストロークの「55」記録達成の陰に「山田パター」の使用があったというのは有名な話ですが、そのプレーヤ-であるギブソンのパッティングストローク支援にも山田氏のサポートがあったようです。(DREAM54を使ったトレーニングも!)

■今日の活動
・ゴルフ練習場(アイアンショットの調整 300球)2.5時間
・筋トレ 30分

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

このストロークをするには必然的に短めのシャフトを使うことになりそうな気がするのですが、腰痛持ちの僕は最近どんどん上体が起き気味のアドレスになってきています・・・w。
でもそれだとやっぱりストロークが少しインサイドに入りすぎた感じになるのでミスが多くなっちゃうんですよねぇ・・・。
先日もゴルフ5で色んなパターを転がしてみましたが、どうもしっくり来るものがないし。
いつまで経ってもパターの悩みは尽きないですね。

No title

Dream54、買っちゃおうかなぁ~v-398

か~くんさん

同感です。
私も、もう長年パッティングの難しさに悩み続けています。
アマチュアの場合は、グリーン上で練習できる環境も少ないので、余計に習得に時間が掛かってしまいますもんね。
やっぱり何か拠り所になる理論をつきつめてマスターするのが近道だと思うし、私はもう少し完全縦振り子にチャレンジし続けたいと思っています!

リサパパさん

リサパパさん、私と同じこと考えてますねぇ~♪
これ、いいですよね。

ひずみの無いストロークで引っかけ、押し出しがなくなる・・・

・・やっぱり買っちゃおうかな・・(これも半年先になるのかな・・?)

No title

今日、試しに後半でこの感覚でやってみたのですが、結構いい感じでストロークできました。
ボールをきっちりと目の真下に置くとラインが見やすくなっていいような気がしました。
次のラウンドでもまた試してみますね。
ってまだまだ先ですがw

No title

りょうさん
この記事、私も読みました。
パッティングを感性ではなく
まず数値で研究しているところがいいですね。
特にロングパットなど最後には、感性になるんでしょうけど。

私は、安倍総理がオバマ大統領に『山田パター』贈った話題でこの存在を知りました(^_^;)。

私も最近特にパットがダメなので、ドリーム54?っていうんですか?買って練習しようかな(⌒-⌒; )。新しいパター買うより良さそう(´・_・`)。

か~くんさん

おォ~(*^。^*)
さっそく、実践で取り入れられたんですね。
さすが、か~くんさん!
常に前を向いていらっしゃる・・(●^o^●)

でも、おっしゃる通り、一番繰り返しの練習による習得が必要な部分ですものね。お互い、常にその動きを意識して練習をし続けてみようではないですか(^_-)-☆

カッズさん

はい!
彼の物事を徹底的に突き詰めようとするスタンスはとても素晴らしいものだと思います。
私も、山田氏の理論を実際に体感すべく、これからも練習の中に取り入れていきたいと思っています。

まりんさん

まりんさんのおっしゃる通りかもしれませんね。
いたずらにクラブを変えるよりも、パッティングの根底にあるストロークを磨くことに注力した方が良さそうですもの・・(^_^;)

私もストレート軌道をマスターする練習器を使ってみようかなぁ~(*^。^*)
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
34位
アクセスランキングを見る>>