■2013年度「県アマチュア選手権大会」 決勝初日へ!  ~2日目への進出の僅かな可能性も・・・あえなく撃沈・・・・アイアンショットが・・

先日は、今年度のアマチュア大会の登竜門となる『県アマチュア選手権大会』2日間大会の決勝、第1日目のラウンドに参戦してきました。

この大会は、3月に開催された3地区からなる地区予選をクリアした178名の参加者で構成され、2日間36ホールのストロークによって争われます。

ただし、第1日目のラウンド18ホールでカットラインがあり、上位90位タイまでが第2日目のラウンドに進出することになります。

もちろん、厳しい地区予選を勝ち抜いてきた猛者達の集まりですから、簡単には2日目のラウンドには進めないことは十分承知のうえでの参戦です。2日目進出の半数は、上位の地区アマや、日本アマ進出常連の地元のトップアマチュアや、学生達です。
なので私自身は、カットラインなどは気にせず、目の前の一打一打に集中してプレーすることを目標として参加しました。

今時点での目的は、より上位の競技に参加することで自分自身の経験値を高めるとともに、今現在足りないものを高いステージを経験することで見つけることです。
そして、これまで年明けからこの大会に向けて準備を重ねてきたものを、すべて出し切れたと実感できるようなラウンドが目標でした!

当日は、起床からスタートまで、ここ最近のプレーで意識している「ルーティーン」通りに準備を進めました。

まず、早朝は5時30過ぎに起床して、しっかりと朝食を取り、そそくさと地元の練習場へ。
そこで30分ほど体を温めてからコースに向かいました!
コースまでは僅か20分の距離。到着後はグリーンコンディションを掴むためのパッティング練習を45分間行い、余裕をもって心身ともにリラックスした状態でスタートしました。


【早朝のクラブハウス】
20130509_01.jpg



さて、それではラウンドレポートです。

県アマ決勝ともなれば、出場選手のデータを取っているゴルフメーカーや、関係者、若干ですがギャラリーの存在もあって、やっぱりムードにのまれる緊張のスタートとなりました・・(汗)

さて、スタートはインコースの10番ホールです。
このホールは7000ヤード超のこのコースの中では384ヤードで比較的短めのパー4。
朝一番のティーショットは、左曲がり専門の私が・・事もあろうか、高弾道のスライスボールを披露してのスタートとなりました・・(汗)緊張の影響ってすごいですね・・(笑)
それでも、そのボールは比較的いいセカンドポジションを捉えて、グリーンへのアプローチショットはピン上2mにつけることができ、惜しくも5cmショートのバーディー逃しでスタートできました。(ほっと一息)

続く11番ホールは173ヤードのパー3。
ここでは、ここ最近調子を落としている課題満載のアイアンショットの悪い部分が出て・・・右プッシュアウトで深いアリソンバンカーへイン。これが、ホームラン気味で乗らず、寄らず、入らずでダブルボギーに・・(汗)

続く12番パー5では、寄せワンでパー。13番441ヤードの難関パー4ではグリーン手前まで運んだアプローチを1.5mまで寄せたのですが、このパットを外してボギー。

14番179ヤードのパー3でも不調のアイアンショットは調整できす。
プッシュ気味の弾道となり、右サイドの深いバンカーへティーショットを入れてしまいました。しかし、ここではこのバンカーショットをピン上1mに寄せて“砂イチ”でパーを死守できました。

ここまでは、我ながら良く堪えるゴルフができていました。
しかし、今思えばここから少しずつ流れが変わっていきました・・・。

さて、続く15番は、このコースで個人的には最も優しいと考えているパー4です。
この試合でも朝から絶好調のドライバーショットはFW右サイドをキープ!
しかし、8アイアンで打てる比較的簡単なセカンドショットをまたしてもミス・・。手前のバンカーへ入れてしましました。
これが、バンカーのあごに突き刺さっている状況で、グリーン周りを往復し・・
なんと素ダボにしてしまいました。

これがきっかけで、この後に心に余裕の無いプレーがスタートする事になりました。

迎えた16番、17番はこのコースでも上位に位置する難易度の高いホール。
私の飛距離では、最高のドライバーショットを持ってしても、セカンドショットが200ヤード前後となってしまいます。(450ヤード前後のパー4ですね)

このホール、ドライバーショットはどちらも80点の出来。ただし、どちらもセカンドポジションにハザードとして配置してあるに位置する大きな木がスタイミーとなる状況でした。
ここで、冷静であれば、3オン狙いに戦略を転換するであろうセカンドショットをインテンショナルフック、スライスボールでグリーンを狙う戦略を選択し、16番では左足下がりの背丈くらいのあごのあるバンカーに・・、17番では、ショットは上手くコントロールできたのですが、強く低めのドローとなったことで飛びずぎてピンをオーバーし砲台グリーンの奥にこぼしてしまいました。

当然のように、グリーンへのアプローチは乗らず。次打も寄せきれず、そしてパットも入らずの連続素ダボです・・(涙)

アプローチは比較的得意な私ですが、残り200ヤード前後からの無謀な攻めでは、アプローチの状況も運任せとなってしまい、結果的に物理的に寄せきれない状況のなかで、最後はパッティングにまでプレシャーを与えてしまうという負のスパイラルに突入してしまいました。

ここで集中力を切らしたのでしょう。
ハーフ最終の18番では、難しい左足下がりからの5アイアンでグリーンオンを果たすも50cmのパーパットを外してボギー。

結果、前半は9オーバーでターンとなってしまいました。

この時点で、後半アウトスタートまで30分間の休憩をいただき、持参したバナナと野菜ジュースで栄養補給をしました。
そして、暖かい練習グリーンサイドでゆっくりと気分を落ち着けました。

普段であれば、大たたきを悔やんで熱くなっているところですが、さすがにこの試合のコースセッティングや、大会のムード(非日常的な状況)から受ける精神的な影響も大きいの事も事前に覚悟をしていたこともあって比較的冷静でした。

後半のプレーは納得いくものにしたいと思っていましたし、まだまだ戦う気力は失っていませんでした。

さて、気分一新を図ったつもりでスタートした1番ホールでは、この日始めてドライバーショットを左に曲げてしまいました。
ただし、ここでは冷静にFWに戻してサードショットに掛ける戦略をとることができました
残り距離は普段からよく練習している得意の60ヤード。プラン通りピン手前の上りライン2mにつけることができました。
ところが、このほぼストレートのパッティングを大きく右にプッシュアウト・・!?

この時点でまた、嫌なムードが漂い始めたのを感じました・・(汗)

その予感は、的中。
その後のホールでも、アイアンショットのプッシュアウト傾向は修正出来ずにグリーンを捉えられず。
よって、アプローチでの寄せワンに掛けることになるのですが、残った1m前後のパットにプレッシャーが掛って・・ボギーを重ねていくこと5ホール・・・。

精神的な疲れの影響なのでしょうか?・・後半は入れ頃のパットを外すケースが目立ちました。

そもそも、アウトコースはインコースに比べて距離が長く、450ヤード級のパー4が3ホールもあって、グリーンを捉えるのは難しく、アプローチパターの重要性はインコース以上に大切なのです。

しかも、10フィートを超えるグリーンスピード、端から5ヤード以内に振られたピン位置によるラインの妙もあって、ずるずるとボギーペースから抜けきれない状態になってしまいました・・(汗)

それでも、気持ちは前向きに一打一打を大切に一生懸命にプレーを重ねていきました。
今時点で出来ることは全て出しきろう・・・と、頑張っては見たのですが、アイアンショット・パットともに最後まで調整できずに、最終ホールを迎えた時点では7オーバーにまでなっていました・・(涙)

最終9番ホールはティーショットが大きく打ちあげの設計にも関わらず460ヤード超の飛距離設定のモンスターパー4です。

最難関ホールであり、セカンドショットで無理しがちなホールだったのですが、この時点は非常に冷静になっており最初から3オン狙いの戦略でプレーできました。

ティーショットのドライバーは最後まで、裏切ることなくフェアウェイを捉えてくれました。
残り240ヤードのセカンドショットも、無理して3Wを選択するようなことはなく(左足下がりのライ、グリーン周りを囲うバンカーを考えて私の技量ではグリーンオン不可と判断)、8アイアンで100ヤードを残す選択をしました。しかし、これが最後まで調子の戻らないアイアンショットで左サイドのラフへ・・。
結果的にグリーンを狙ったサードショットは比較的深く沈んだラフに負けて、手前のバンカーへ入れてしまいました・・。

それでも最後まであきらめずにバンカーショットはピンを狙って集中。
このバンカーショットは、カップをかすめるラインの出たものでピン側50cmに寄せることができました。

そして、この日最終のパットとしたいボギーパットは、カップ淵を狙って流し込んでいきたい気持ちを押さえて・・・、強気なラインを読み・・
カップの向こう側に当ててストレートに狙う、この日始めての攻撃的なパットで・・(笑)

想定通りのタッチでカップインすることができました!
何とか、最終ホールをいいプレーで終了することができました。



さて、そんな厳しい環境下での今回のラウンド結果は以下の通りとなりました。


In45 Out44 Total 89 
30P
パーオン2H


ラウンド終了後に、今回のラウンド分析をしていて驚いたのが、パーオンの数・・・!?
何と!・・・・たったの2ホールではないですか・・(汗)
しかも、その内ひとつは3パットのボギーだし・・(汗)

この結果はすごい・・
ある意味、新たな記録を樹立した訳で・・(笑)


いや、改めてどれだけ苦しいゴルフを一日中続けていたのかが、この時点でよく分かりました。

それにしても面白いのは、このスコア状況の中でドライバーショットは非常に調子が良かったこと。
大きく曲げたのは午後スタートの1番ホールのみ。
後のホールは、個人的に点数をつけるとすれば80点の出来でした。

ここだけ切り取ってみたら、いいゴルフをしているプレーヤーに見えたと思います・・(笑)

よって、このことから・・どれだけアイアンショットが乱れていたのがおわかり頂けるのではないかと思います・・(笑)
ただ、このコースは5ホールほど450ヤード前後のパー4設定があり、ここはウッド・UTで砲台グリーンを攻める厳しい設定でもあり、この点ではある意味グリーンを外してしまうのは仕方がないと思います。
しかし、そこを除いても残りの12ホール中の、2ホールしかグリーンを捉えられなかったことはあまりにも酷い・・。

しかも、ここはほとんどのグリーンが砲台で回りをぐるっとアリソン系のバンカーが囲っているコース設計なので、グリーンを外したショット10回の内、7回がバンカーに入ってしまってるのです・・(汗)
(その内3回が砂イチ(セーブ率43%)だったことは数少ない評価のひとつ・・(笑))

これでは、スコアを纏めることは難しいですね。

これらの分析から考えても、早々にアイアンショットの調整をして行かなければならないと思っています。
でも、そうは言っても原因が分からない・・。
ただ、ひとつ気になっているのが、ドライバーショットの好調と対照的だということです。
もしかすると、ここ1年くらいのドライバー中心の練習がドライバーよりのスイングを作ってしまったのではないかということ・・。これは、かなり可能性が高そうだなと・・。

いずれにしても、ドライバーだけではスコアを作れないことは、今回よーく分かりましたので、ゴルフ全体を見据えて調整を加えていきたいと思います。



さて、肝心の初日の競技結果は178人中134位タイの結果でした。
2日目のラウンドへのカットは83位タイの83ストトークまでの91人でした。

今の状態で2日目への進出などあり得ないことは、理解していたのですが、ここまで苦しめられるなんてことも想像はしていなかったですね・・(笑)

でも、今回も競技に参加することで、また新たな課題をたくさん発見することができました。
7000ヤード超の競技セッティングのコースを攻略するために必要な戦略なども、このような試合で肌身を持って経験値を増やしていかなければ対応は難しいと思いました。

特に硬く、高速なグリーンへの対応、しっかりとハザードとして機能するラフへの経験値は大きな収穫です。

飛距離不足はどうしようも無い部分ですが、より精度の高いFWやUTのショット、何よりもグリーンを捉えるレベルでのアイアンショットの精度は十分に対応が可能だと思っています。

飛距離への欲望を抑えることは、とても難しいことですが、無いものねだりばかりでは前には進めません。
自分の強みをしっかりと理解して今後のゴルフを楽しんでいきたいと思います。

いずれにしても、今この時点では心身ともにボロボロの状態です。
少し、ゆっくりと休養します・・(汗)


■今日の活動
・県アマ決勝ラウンドのラウンド分析(内容分析による課題抽出)
・エクササイズ・ウォーキング 30分
・ゴルフ練習場(アイアンショットの調整 300球)2.5時間


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

りょうさん
ご苦労様でした。
7000越えの距離、
ハザードとしてのラフ、
10フィート以上の固いグリーン、
端に切られたピン位置、
聞いただけでどれだけの難コースかよくわかります。
ドライバー、アイアン、アプローチ、パター
すべての技術が要求されているコースセッティングですね。
ゴルフはホントに難しい。

カッズさん

カッズさん、ありがとうございます。
やはり、セッティング次第でゴルフはずいぶんと難しくなりますね。
普段のゴルフでも十分難しいのに・・(^-^;
でも、とてもいい経験を積むことができました。
是非、また来年この場所に戻ってきたいと思っています!

No title

コースの難易度の高さがすごく伝わってきました。。(・・;)

アイアンの不調は、きっとちょっとしたことなんでしょうね(>_<)。

でも、ドライバーが気持ちよく振れていたみたいである意味課題クリアでしょうか(#^.^#)?

まだシーズンインしたばかりですもの、これからですね\(~o~)/
身体も疲れているでしょうから、ちょっと練習休んで、イメトレとかしてもいいですよね(*^_^*)♪
しばらくはゆっくり休んでください♪



まりんさん

まりんさん、ありがとうございます(#^.^#)
おっしゃる通りドライバーの調子はここ数年なかったほどの状態で、この点は非常にうれしい部分です。
反面、これまでほとんど悩んだことがなかったアイアンが不調になるなんて・・、ゴルフの難しさを改めて感じた次第です・・(^-^;

怒涛の公式競技ラッシュもこの試合でいったん終了し、次の試合まで1か月半程度の時間がありますので、この期間にじっくりとアイアンショットを見直したいと思います・・(*^_^*)

No title

お疲れさまでした!

ここ最近は、アマチュアの大会もタフなセッティングが多くなってきましたよね!
飛距離も大切ですが、慣れが必要ですよね!

それにしても難しそうなコースですねv-393
一度チャレンジしたいなぁ~!どこだったんですか!?

No title

お疲れさまでした。
さすがにそこまでのセッティングになると普段どおりのプレーをするのって困難になりますよね。
特にショートゲームが・・・。
普段から慣れていれば少しは対応できるのでしょうがなかなかそういう機会でプレーすることってないですもんね。
やっぱり試合慣れしていくのが大事なんでしょうねぇ。
次回はさらにレベルアップしてぜひリベンジしてくださいね!

リサパパさん

以前はトーナメントを実施し、近年でも日本女子オープンや、日本シニアオープンを開催した広カンです!
さすがに、トップアマや、学生が中心となるこの大会では我々が普段体験しているコースセッティングとはずいぶん違ってましたね。
まあ、ここから日本アマへ出場していくメンバーが数多く生まれるのですから当然といえば当然かもしれません。

か~くんさん

はい!
でも、そうやっていじめられるのが大好きなのも、競技好きのゴルファーの特徴でもあるなぁって思いました・・(^◇^)
今回ご一緒した同伴競技者と話していても、また、来年リベンジしたいですね・・の言葉が必ずかえってきますもの・・(^_^;)
もちろん、私も今回の経験をいかし、次年度への対策を立てて再度リベンジしたいです!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>