■ゴルフクラブ変更によるスイングへの影響・・!?  革新的な技術への対応・・ 個別のスイング調整・・!?

最近、米ツアーを観戦していて考えさせられるのが、大型のクラブ契約変更による成績への影響なのです。

例えば、ローリー・マキロイ選手のタイトリストからナイキへの変更。
また、石川遼選手のヨネックスからキャロウェイへの変更。

どちらの選手も、開幕から調子を落としているために、トーナメントの解説では、変更したクラブへの対応に時間が掛っているのではないかといったコメントをよく耳にします。

この点については、トーナメント後の記者会見シーンでも、話題となっていて、それに対する本人達の回答は、両者とも変更直後より素晴らしい成果を実感しているとのコメントでした。

もちろん、契約先への配慮を考えれば、一般的にはそのような発言になりますよね。

でも、全てのクラブを、これまでと全く同じフィーリングへ調整することは難しいでしょうし、もし同じものに調整してしまうのであれば、メーカーの恩恵を受けないことになってしまいますしね。


そんな中、石川遼選手のコメントで注目したのが、アイアンの距離感に関するものでした。
やはり、もともと飛距離のある選手にとって重要なのは、アイアンの場合は距離をきっちりと打ち分けられること。
一流の選手ともなれば、狙ったポジションにきっちりと『縦の距離感』があってくれることが重要なのでしょう。彼も、アイアンに関しては、距離感を中心に調整を行い、ほぼ新しいクラブも満足できる状態にあると言っていました。

たしかにアイアンの場合、プロゴルファーはシャフト変更するケースも少ないですし、大きく重心設計が変更されたヘッドに移行するケースも少ないですものね。

そうすると、プロにとってアイアンに求めるものは、より高い安定性ということになるのでしょうか?
やはり、簡単に5ヤードくらい飛距離が伸びてしまったりすると、スコアメイクに影響がでてしまうのでしょうね。

反面、ドライバーや、最近では3Wなどでは、プロにとっても「1ヤードでも遠くへ」というアマチュアと同様に飛距離性能の面もある程度求められそうです。

こうやって考えていくと、アイアンの場合は、大きくイメージチェンジを施すケースは少ないので、やはり調整に時間が掛ってしまうクラブは、ドライバー、フェアウェイウッド、UTなどになるのでしょうか?


これらのクラブは、毎期のように、大きく重心位置を変更したヘッドが開発されますし、シャフトについても、次々と新しいものが市場に出てきます。

もちろん、自分のゴルフにとってプラスになる新しい機能は、率先して取り入れていくべきでしょう。
厳しいツアーの中で生き残りをかけて戦っていくためには、やはり変化への対応は必要だと思います。

でも、その機能に対応する為の影響でスイングに変化が生じることになったら・・・。


もちろん世界を代表するような、天才プレーヤー達の適応能力は、我々凡人とは桁違いに優れているのでしょうから、大きな心配は無用なのかも知れないのですが、少し、怖い一面もあるように感じます。


例えば、驚異的なアイアンショットの切れをもつ、タイガーウッズのドライバー不調を、スイング面の問題で解説する評論家も多いのですが、あくまでも個人的な考えなのですが、私は現代のクラブ設計値への対応(ヘッドの長重心距離、深重心距離、重心角度、シャフトの軽量化、長尺化)にも問題があるのではないかと思うのです。

なぜなら、デビュー当時、メタルヘッドとスチールシャフトを組み合わせた道具を使用していた時にはとても安定したショットを放っていたからです。

そして、ほとんど基本設計を殆ど変更しないアイアンについては、現在でも遜色なく素晴らしいショットを放っていると感じているからです。

突出した飛距離性能を求め開発を続けるドライバーやフェアウェイウッド・・・

ドライバーショットの飛距離を最大限にクラブに求めるのであれば、
もしかすると、その為には、ドライバーを基準とした残りの12本への対応検討が必要なのかも知れない・・・!?

そんな事も考えてしまう今日この頃なのです。

(でも、私のドライバー下手は、きっと別の原因だと思います・・(笑))


■今日の活動
・ゴルフ練習場(300球)2.5時間
・エクササイズウォーキング30分
・読書「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

僕らレベルでも試打会へ行ったら当るクラブと当らないクラブが出ますもんね。
精密なスイングのできるプロなら尚更その変化にも敏感になると思います。
でもGDOの一刀両断の金谷プロなんて、何打ってもいい玉打つし・・・w
ほんの数ミリ、数グラムの違いなのに不思議なものですね。

No title

ほんと少しの違いで本当は結構変わるんでしょうね~
でもプロだと合わせるの上手そうe-446
ただそれは遊びというか番組とかでの話ですよねe-330
プロのトーナメントとかだと大変そうe-327
アイアンの距離感ってほんと大切ですもんねe-351

か~くんさん

すぐにどんなタイプの道具にでも、自分を合わせこめるタイプと、その間逆のタイプがあるのかも知れないですね。
そういう意味では、トッププロは、前述の才能も求められるのかなぁ・・。

ちよさん

はい!
アイアンって目的の場所まで飛んでくれないと困りますもんね。
恐らく、プロだとかなり細かい距離まで打ち分けているでしょうからね・・(^O^)☆
そういう意味では、我々は10ヤード刻みくらいでしょうから、クラブ選びもアバウトになってくるのかな。

No title

う~ん・・・どうなんでしょうね?

一回、本人に直接聞いてみたいですねv-392

No title

不思議ですよね(^_^.)。同じ人間が振るのに
アイアンとドライバーで違いが出てくることって。

でも考えたら、ドライバーで打つ球の打ち出し角度?が
1度違っただけで、飛ぶ人の打つボールはOBになっちゃいますもんね。
男性は200ydでいいならいつも安心なのにね~(^○^)☆

ということで、飛ばないのにOB出す自分を反省します。。(^_^;)

リサパパさん

ホントですね。
周りがあれこれ言っていますが、ことの真相は本人しか分からない事ですものね。

まりんさん

方向性と飛距離は両立は無理だと考えると・・・やっぱり飛距離を追求しすぎても良くないんですかね。
でも、わかっていても追い求めてしまうのが・・ゴルファーでもあって・・(^-^;
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>