■ナイキ VR_S コバート ツアードライバー 試打のチャンスに恵まれました!

春の新製品で、打ってみたいなぁって思っているドライバーがあったのですが・・
これをなんと、発売と同時に会社の後輩が購入してたのです!

↓それが、これ

20130224_01.jpg


そう、少し前にブログ記事でも紹介した、ナイキの新製品『ナイキ VR_S コバート ツアードライバー』です。(前回の記事はこちら→http://golfgeardiary.blog63.fc2.com/blog-entry-845.html

現在、世界ランクトップのローリーマキロイの使用でも話題になっていますよね!

さて、彼が購入したのは、プロ仕様となる『コバート ツアードライバー』なのですが・・
このモデル実際に構えてみると・・・ものすごく小さい・・・(汗)


20130224_02.jpg


どれくらい小さいと感じるのかを表現するために、私の使っている3Wを横に並べてみると・・・

↓これ

20130224_05.jpg


私の3Wより少し大きいかなって感じなのです。
メーカー公表値は400CCオーバーとなっているのですが、実際に感じるヘッドサイズは遥かにに小さく感じます。
ヘッドデザインをディープフェースに設計しているので、とても投影面積が小さいのです。

私は今現在、メインドライバーとして、少し小さめのタイトリスト913D3を使っているのですが、それよりもずいぶん小さく感じるという感想でイメージしていただけるのではないいでしょうか?

いや~、実際に視覚的イメージからは、非常にハードなムードがつたわってきます!

そんなハードなヘッドに組み合わせて、彼が選択したシャフトは、現在巷で人気の「グラファイトデザインGT-6(S)」です


20130224_03.jpg


さて、実際に試打した第一印象は・・・!?

想像していた通り、かなりハード・・・です!
やはり!・・というべきか、ソールに大きな穴(高速キャビティーバック)を空けて、重心深度を浅めに設計されているので、私のヘッドスピードでは9.5度の設定では非常に低スピンのライナー性の弾道となってしまいます。
少しでも気を抜くと・・お時儀してしまいそうな弾道と申しましょうか・・。
気合いを入れて振っていかなければならないって感じなのです。

やはり、基本設計は、ハイヘッドスピーダーに合わせ込んであるのでしょうね!
ヘッドスピードが45m/sを超えるプレーヤーでも吹け上がるようなことはなさそうです。

私の場合は、ネックのロフト調整で10.5度に調整しても普段の弾道よりも低めで、低スピンの球筋となりました。

このクラブは、このネックの調整で12.5度ロフトまでロフト角が増やせるので、もう少し増やせば、私好みの弾道になりそうです。

しかし、このまるで「げんこつ」のような小振りのヘッド・・・
ゴルフに本当に夢中だった15年くらい前に戻ったような印象で、個人的には、非常に好みのサイズです・・(笑)
ボールを打った時の第一印象も、20年くらい前に「ブリジストン J'sメタル」のドライバーを無理して打っていた時のことを思い出しましたね・・思えばあのヘッドもリアルロフトが少なく、重心も短く且つ浅く、非常にハードな設計でした。
また、ハーモテックHM80のシャフトが輪をかけてハードでした・・(この感覚が分かる人はもう、少ないだろうなぁ・・)

ただ、当時と異なるのは、ロフト角、ライ角が大幅に変更できることと、シャフトの変更も容易にできること。いかにプロモデルといえども、ある程度幅広い層が使うことができるようになっていますね。

そういう意味では、我々消費者にとっては、いい時代がやってきたとも言えるのではないでしょうか?

昔のように、憧れで購入して無理して使わなくてもいいんですもんね。
でも、打てないって分かってても、欲しかったんですよねぇ~。
当時のゴルファー達の憧れ・・J'sメタルのドライバー!!


・・少し、話が横道にそれてしまいましたが・・(汗)
今回試打した感想では、このクラブは、競技志向である程度ヘッドスピードをお持ちの方にとっては、魔法の杖に変わる可能性を秘めているように感じました。

浅めに設計された重心深度。
そう、ソールに設置された、巨大な穴「高速キャビティーバック」の効果はかなり大きいようです。

ドライバーが易しくなった現代において、久しぶりに感じるあの日の感覚・・(笑)
是非、機会があったら体感してみてください!


■今日の活動
・日商簿記検定 受験日
・ゴルフショップ巡り
・筋力トレーニング 30分

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

J'sメタルの話もちろんわかりますよ~w。
僕は持ってませんでしたけど、同好会で流行ってて、8.5度のXシャフトとかみんな使ってました。
どうやったら球が上がるのか理解不能なクラブでしたけどねw。

でも、たしかに球の上がりにくいクラブってありますよね。
僕もそんなに上がらないほうじゃないですけど、リョーマのD-1 V specってやつは9.5度でも全然上がりませんでした。
エッグドライバーの7度でも普通に上がるのに不思議ですよねw。

か~くんさん

おっ!やはり、か~くんさんは、J'sメタルの時代背景をご存じですね!
あの時代は、ハードヒッターでなければ使えないモデルがたくさんありましたよね・・・(^-^;
そう考えると、最近のプロモデルは優しくなってるんだなぁ~。

No title

真っ赤ですねe-330ほんとに…
しかも小さいんだe-350
上手い人じゃないと扱えないような気がする〜e-327

ちよさん

今年から、ドライバーのヘッドがカラフルになりそうですねぇ~。
他のメーカーでも黒以外のカラーリングを使用しているみたいです。

でも、このツアーモデルは少し難しいですね!
もう一方の通常モデルがおすすめです(^O^)☆

No title

僕もJ’sメタルのほうに反応してしまいました。

僕、7.5度使ってましたよ!
ちょうどアメリカで絶好調の頃だったので、かっ飛んでましたねぇv-410
めちゃめちゃ懐かしい!!今思うとどうやって打ってたんでしょうねv-361

No title

金色に輝くドライバーは見たことあります。。笑

ピンク色のヘッドだと女子が買いたくなるのかな。。?

色の効果って少なからずありますよね♪

それにしても、このカチャカチャは便利ですね~(*^。^*)♪

リサパパさn

やっぱり、リサパパさんも・・(^O^)ミ☆
きっとそうだと思ってました。

当時は、お互いに20代だったので、今よりも元気だったのは間違いないですね・・(^-^)y
でも、本当にいい思い出ですねぇ~♪

まりんさん

はい!
ロフトが8.5度から12.5度まで4度も変化させられるっていうのは、本当に便利です。
幅広いユーザーがターゲットになるし、購入して失敗する消費者も少なくなるでしょう。

良い時代になってきましたねぇ~♪

No title

ナイキの四角ドライバーが好きで使っていますが、コバートの四角はありますかねえ?今回の赤はカッコイイですね。

holeinone9000さん

懐かしいですね!四角のモデル!
私も当時は、ナイキの『サスクワッチ』を使用していました。
あの頃のナイキはとても元気がありましたよね。

次々と斬新なモデルを発表していて・・(^O^)☆
今回、久しぶりにナイキの元気に触れたような感じでとても楽しむくとができました。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>