■ゴルフ ティショットシングルになる! 中井学(著) 池田書店(2012/12/7)

遼が、最近読んだ本です。

『ゴルフ ティショットシングルになる!~第1打を極めてコースを攻めよう~』のサブタイトルを含めた内容が示す通り、ティーショットに主体を置いたレッスン書です。

そして、今現在、私が最も求めていた内容を上手くまとめてくれた書籍とも言えそうです・・(汗)


↓これ

ゴルフ ティショットシングルになる! (池田書店のゴルフ実用書シリーズ)ゴルフ ティショットシングルになる! (池田書店のゴルフ実用書シリーズ)
(2012/12/07)
中井 学

商品詳細を見る



この書籍は、ここ最近、数々のレッスン書を執筆している「中井学プロコーチ」の出版本です。
中井プロは、ここ最近、BS放送のレッスン番組でも良く見かけるようになりましたね。
個人的には、彼の個性豊かな表現力には一目を置いています。
最近の多くのコーチ達の目指しているスイングは、ほぼ共通のものなので、特にアマチュアに伝える場合は、如何に分かりやすい言葉や、文章表現を工夫するか・・この部分が大切なのではないかと感じています。


それでは、本書のご紹介ですが、
まず、以下が、項目別の内容紹介です。

・ティショットでの「安心」はシングルに通じる
・ティショットの成功のカギはアライメントにある
・自分のスイングスタイルを見直そう
・パー3ホールは全ホールパープレーが目標
・知っておくと得するティショット成功法
・ティショットのレベルアップ練習法



さて、この書籍を読んでの一番の感想は、私にとって良薬を入手できるものだったということです・・(笑)
そう、長く悩み続けているドライバー下手の改善に、良い薬となりそうないくつかの内容を見つけることができました!

一つはティショットに過度のプレッシャーをかけないということ。
大半のプレーヤーは、ティショットに対するプレッシャーが強すぎる。自分を追いつめてるもう一人の自分がいて、スイングにプレッシャーを与えすぎていると・・。
普段のドライバーの練習は甘いのに、コースではティショットに厳しすぎるとも・・。
いや~、おっしゃる通りです・・(汗)

厳しい結果を求めるなら、やはりそれなりの練習を行う。
そうでなければ、それなりの結果を受け入れる。

この点は今後の考え方に取り入れていきたいと思いました。

それ以外にも、「目標は一点に絞る」、「フルスイングの定義を理解しているか」、「ティショットを絶対に曲げたくないときの注意点」等々、知識として持っていても全く実践していない項目も多く、本書を読むことで再認識するきっかけを与えてくれました。

私の場合、過去の多くの失敗体験が、トラウマとなってドライバーの自信喪失につながっているのではないかと個人的には分析していますので、まずは、中井氏の教えを実践していく中で成功体験を増やしていきたいと思っています。



最後に、本書の冒頭にある中井氏のお言葉を簡単にまとめて紹介しておきます。

~スコアメイクの決め手となるのはパットであり、グリーン周りからのアプローチです。
ティショットでOBを打っても、そこで諦めず、ボギーやダブルボギーで上がれる人が本当のシングルプレーヤーです。

でも、やはり、ゴルフの華ともいえるドライバーショットで気持ちよいショットが打てているゴルファーは威風堂々としているし、センスの良さも感じさせるのは確かです。

結論をいえば、パットシングル、100ydシングルになれる人こそ、
ティショットシングルになれる資質を持った人なのです。

そして、「スコアメイクの決め手は、やっぱりショートゲームだよ」と
胸を張って言えるようになった暁は、あなたもティショットシングルの仲間入りです。~


うーん。
いいこと言うなぁ~。


著者について
1972年(昭和47年)大阪府生まれ。14歳からゴルフを始め、高校3年時に日本ジュニア出場。その後アメリカに留学。シトラスカレッジ(カリフォルニア州)では大学選抜として活躍。永住権を得られず、アメリカでのプロ転向を断念し、1997年帰国。2003年よりプロコーチ活動開始。これまでに数多くの選手の初優勝、初シード入りに貢献する。ツアーに帯同する傍ら、2009年より本拠地を東京に移しレッスンを展開。プロ、アマ問わず、多くの悩めるゴルファーの駆け込み寺となっている。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


■今日の活動
・ウオーキング 30分
・読書「ゴルフ ティショットシングルになる!」~読了
・「地区アマチュア選手権兼ミッドアマチュア選手権予選」申し込み手続き
・自己啓発「日商簿記検定過去問題集」

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごい~(#^.^#)♪本を読まなくても、りょうさんのブログだけで
十分本の内容が伝わってきます!

なんだか私も是非この本を読んでみたくなりました!
やっぱりティーショットに自信を持ちたいですもん。。(^_^;)
とくにドライバーが思い通りに打てるとゴルフってすごく
楽しいですものね♪

No title

みんな力んだら失敗するって解ってますもんねv-389

僕は大体フェアウェイにいればいいや!ってティーショットしてます。
それが出来ていると何故か飛距離も伸びてくるんですよねぇv-410
知らず知らずに自信満々で引っ叩いているのかもですv-411

りょうさんがドライバーを自信満々に打ってきたら最強アマも夢じゃないですねv-392

まりんさん

そうですよね。
ドライバーってOBにならない限りは、セカンドショットでリカバーできるので、大きくスコアには影響しないのですが、気持ちよくスイングできないのって、本当にゴルフをつまらなくしますよね。

ドライバーショットに自信があって、概ね狙いのエリアにボールを運べる→セカンドショットのプレッシャーが減ってでグリーンをとらえやすくなる→バーディー逃がしでパーパットはお先に・・・。

↑このような、落ち着いたプレーもやっぱりドライバーの自信からだと思うのです!

うーん。ドライバーの練習がんばるぞ~(^O^)☆

リサパパさん

はい!
間違いなく、私は「飛ばそう!」って力んでいるプレーヤーの代表格です・・・(^▽^;
完全に自覚しているのですが、いつまでたっても・・・(>_<)

なので、今年こそティショットの定義を考え直してみたいと思っています。
そして、年後半には、ドライバーが大好きだって言ってみたいです・・(^O^)☆

No title

ウチの妹が高校の同級生なのに、「知ってるか?」って聞いたら「全然知らーん」って言ってました・・・。
仲良くなっといてくれれば今頃ティーショットに悩むこともなかったのにぃ~!w

か~くんさん

おー!
そんな身近なところに・・!?

世間は狭いものですねぇ~!
妹さんが知り合いだったら、今頃は友達になってたかも・・(^-^;

No title

こんばんはi-179

仰る通り最近よく雑誌でもみかけますね。

私にとってのゴルフレッスン本は自己啓発本と一緒で読んだ後は「その気」になるのですが、身に着くかというと・・・

でもこの人の本は特に「その気」にさせてくれますねi-229

dachinさん

おっ!dachinさんも一目おいてらっしゃるようですね!

私も出版物にはすべて目を通しています。
あっ、BSのレッスン番組も見ました!
なかなか面白いレッスンをされるかたですよね。
今後も期待していきたいと思っています!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>