■『羽生語録』における勝負師としての考え

歴代最多のタイトル獲得記録を達成した将棋の羽生善治氏。
7タイトルの通算獲得数を82期とし、大山康晴十五世名人の通算80期を上回ったとのこと。
デビューから26年での記録達成であり、まだ41歳という若さだそうです。

羽生善治氏の経歴を少しご紹介しておきますと、彼が将棋を始めたのは、小学校1年生の時。
以来、将棋に熱中している我が子の姿を見ていた母が将棋道場「八王子将棋クラブ」に入れたことがきっかけでメキメキと上達。
小学3年のときに初段、4年生の10月に四段、5年生の10月に五段となり、いわゆるアマ強豪のレベルとなります。
そして、その後は驚異的な速度で昇級・昇段を重ね、1985年に三段での13勝4敗を記録。この成績をもって、四段に昇段してプロに昇格。
この時点で史上3人目の中学生棋士となったんですね。

幼少から取組み15歳前後にして、プロフェショナルのレベルに到達する。
我々ゴルフと対比させれば、最近のジュニアゴルファーの活躍時期と重なる事に気がつきますね。

やはり、5歳前後からの10年間に集中して取り組んだ技能は、その人間の才能を大きく開花させるのでしょう。
もちろん、とことんその世界にのめり込むことが出来る性格を備えていることが条件ですが。
どのような世界であっても天才プレイヤーの誕生には、このような共通点が見受けられますね。

さて、その羽生善治氏の勝負師としての一面を見ることができるのが羽生氏の言葉『羽生語録』です。

以下にいくつかピックアップして紹介させて頂きます。



■「私は、人間には二通りあると思っている。不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。
最初からピンチを招こうと思っている人間はいないが、ピンチに陥って奮い立ち、知恵を出せる人と怯(ひる)んでしまう人がいる。



■「考える材料が増えれば増えるほど、(迷いや不安といった)マイナス面も大きく膨らんで自分の思考を縛ることになる。そういうマイナス面に打ち勝てる理性、自分自身をコントロールする力を同時に成長させていかないと、経験を活かし切るのは難しくなってしまう」


■「ミスはミスを呼び、悪手は悪手を呼ぶ。プロがミスをしないのは、ミスしにくい局面を選択しているからなんです。本当に見たこともない新手は、ひらめきみたいものからしか生まれない。でも、それは、先入観をすべて捨てて考えないとなかなかできない」



上記の言葉から、彼の勝負師としての考かたを学ぶことができます。

もちろんゴルフも競技に身をおけば、やはり勝負師たるもの。

ある程度、競技ゴルフの世界に身をおけば、安定して強いゴルフが出来るプレイヤーの存在に気が付きます。
実際に、ゴルフは、素晴らしいスイングを持っていれば、勝てるというわけでもない。

ここ一番の勝負における思考は、やはりどのような世界においても勝敗に大きな影響を及ぼしているのではないでしょうか?
ほんの少し、さわりの部分だけでも、そんな成功者達の考えを理解できるようになりたいものだと思います。


さて、羽生善治氏の座右の銘は「運命は勇者に微笑む」なのだそうです。

「勇者」とは、「何事にも勇気をもって取り組む人」のこと。
「自分自身が勇者であれ」と、自分を鼓舞しているのでしょう。

良いことも、悪いことも、運命で決められているにしても、勇者にはその運命が幸運をもたらしてくれるのではないか。

言い換えれば、運命に幸運をもたらさんとするためには、勇者たることが必要である。
どんなことにも自分が勇気を持って取り組めば、きっと運命はそんな自分に幸運をもたらしてくれる。

つまり、何事にも勇気を持って取り組むことが大事である。
そうでなければ、運命を味方につけることなどできない。

こんな意味なのだと思います。

まさに彼の将棋に対する姿勢を言い表しているのでしょう。


やはり、どのような世界でも頂点に立つことの出来る人間は・・・、
自分自身を律する素晴らしい考え方を持って生きていますね。

↓ご協力よろしくおねがいします!
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なるほど~。

僕のゴルフに当てはめてみると、不利な状況は案外喜ぶタイプですが、ミスしにくい局面を選べてない感じかも?

今後のプレーの参考にしてみます!

か~くんさん

か~くんさんの素直に良いものを取り入れようとする姿勢は素晴らしいと思います!
我々レベルのゴルファーでも、日々少しずつでも進化していけるように色々な世界に目を向けて、そのエッセンスを吸収していきたいですね(^O^)☆

No title

私も窮地に追い込まれるとわくわくするタイプですけど。。笑
(最近自覚しました!)
「打ってはいけない方には絶対に打たない」
これは最近守れてますけど、そこまで左に打たなくても
いいんじゃないっv-12v-362
って感じになっちゃって困ってます。。

そうはいっても、自虐的行為はなるべく避けたい。。

No title

はぁ~v-394
いつの間にか勝負師からかなり違う者になってしまいましたv-390

まりんさん

>私も窮地に追い込まれるとわくわくするタイプですけど。。笑
(最近自覚しました!)

↑私はきっとまりんさんはそういうタイプだと思っていました・・(^-^;
競技向きの性格ですよね~♪

リサパパさん

あらっ。
私はリサパパさんは勝負師だと思っています。
だって、クラブ選手権のチャンピョンですもの。
それも、マッチプレーを勝ち抜いての!

マッチの勝者ってやっぱり勝負のなんたるかをよく知ってるプレーヤーなのだと思います!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>