■グリップのバリエーション ・・・斉藤愛璃プロの場合  ・・・ショートサム、ミドルサム、ロングサム  ~左グリップとスイングの関係って。。。

先日、フジサンケイレディースクラッシクの初日のTV中継を見ていて、ある選手の意外な部分に目が止まりました。

↓その選手がこちら。

20120421_02.jpg


そう、開幕戦を制した斉藤愛璃プロです。
その後、今ひとつ調子が上がらない中、この日は比較的上位に位置していてTVに映ることが多かったのです。


↓そして、私が注目したポイントがこちら!

20120421_01.jpg


もう少しアップにして・・・


20120421_03.jpg


そうなんです!
グリップ!

よくよく見てみると・・・、

何と、斉藤選手は、最近の若い選手では珍しいロングサムスクエアグリップ
古き良き時代を思い出して・・懐かしいなぁって思いました。
(しかし・・・こんなところを見てるのは私くらいかも・・(笑))

最近流行の若手プロコーチのゴルフ理論ではクラブは指で握る。
よって、クラブをぐらつかせないためにもショートサムがスタンダードになっています。
なので、最近の若手プロはほとんどがこのグリップなんですよね。


さて、実は私も5年前までは、ロングサムでグリップしていました。
それを飛距離アップを求めて左手グリップの変更にトライしたのです。
よりリストを使いやすくするために、指側に異動するとともに・・・親指の位置はミドルサム的な位置まで変更しているのです。

なぜ、ショートサムの位置まで親指をつめて握らないのかというと・・、
私の場合は、ショートサムでは、親指の付け根が痛くなってしまうのです。
コックの時の衝撃が親指の付け根に大きく影響を与えているようなのです。

ただ、未だにグリップがしっくりこない日も多く、実はロングサム時々戻したりしている今日この頃。
やはり、スイングを完成させるまでに長くやっていたロングサムの方が安定しているような気もする・・・。

そんな気がしていた矢先だったので、斉藤選手のグリップのアップを見て反応してしまったのです。
40代以上のプレイヤーには多いのですが、20代では珍しいですものね!

でも、彼女はきっとこのロングサムの左手グリップに大きな利点を見出しているのだと思うのです。
それは、左手グリップの安定感による方向性なのか?
・・それとも・・・・。
いずれにしても、この時点では知る由もありませんが・・。

ただ、私自身もグリップのついて自分なりの結論を出してみたいと思っていた矢先でもあり、ここで今一度原点に返ってグリップの意味を考え直してみたいと思います。

それぞれの身体的特長とスイングとグリップの相性。
やはり、練習場での実験でしか結論を導き出す方法は無いのかも知れないですね!!


↓ランキングにエントリーしてみました!ご協力いただければ幸いです!
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

僕もショートサムで左手の親指の付け根をよく傷めましたが、右手のポジションを見直してから傷めることがほとんどなくなりました。
たまに切り返しのタイミングがずれるとグキッってくることはありますけどね。
ちなみにですが、僕の場合右手がかぶりすぎていたので、今では右手の親指がシャフトの真上に来て、両方の親指が一直線になるような感じでグリップしてます。

No title

ショートサムとか、ロングサムの違いが分からないので
出直してきます(笑)

か~くんさんへ

やはり、か~くんさんには、か~くんさんならではのグリップがあるんですね~!
グリップって基本的には歴代の名プレーヤー達が作り上げてきたものがあるのだけれども、基本から初めて、最終的には自分自身に最も適した形状に移行していくのはありなのかなって最近思っています。

私も最終形にたどり着きたいです・・(^▽^;

ちよさん

左手のグリップの親指の長さで分類した表現です。
指先でグリップするウェイトが大きいほどショートサムになっていきます。
最近のレッスン書はす、べてこのグリップを基本としているので、ちよさんもきっとショートサムだと思いますよ!

りょうさん
おはようございます。
私は飛ばしに特化したいので、
できるだけ指先で握っています。
安定性は多少やむを得ないのかなぁ、と。

カッズさん

はい!
やっぱりリストワークを最大限に利用しやすいのは指先だと思います。
カッズさんはドラコン選手なので、絶対に指先でスナップを使うべきだと思います(^-^)y

No title

ぼくもいつの間にかショートサムになってました。

昔はロングサムで握っていたはずなのに・・・。
特に直した記憶はありませんが、使っている道具の変化や
スイングの変化によってグリップもかわったんですかね!?

リサパパさん

やっぱり40代のプレーヤーは、この内容に反応いただけますね・・(^-^;
昔はハンドダウンに構えるプレーヤーが多く、そういったスイングには、ロングサムがマッチしていたのだと思うのです。

ここ最近ではハンドアップ気味のアドレスがよしとされているので、自然と左グリップが変化してきたのではないでしょうか?

No title

私も今はショートサムです。。昔習いたての頃はグリップなどあまり注意されなかったので、自己流グリップでベタ握り。。(^_^;)。
親指の付け根が痛くなるのって、ショートサムで握っている影響だったんですね(+o+)。手の甲側の筋が最近痛むので、力が入りすぎているのかなと思っていました。(T_T)
あと、手の大きさと、グリップの太さも関係してくるのかもしれませんね♪

まりんさん

>手の大きさと、グリップの太さも関係してくるのかもしれませんね

↑はい!
これは大きく影響しそうですよね。
特に手の大きさにはかなりの幅があるので、グリップにも工夫が必要になってくるのではないでしょうか?

ここが、細かく言えばそれぞれのグリップの個性につながってくる大きな要因なんでしょうね。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
34位
アクセスランキングを見る>>