■スイングにおける感覚の変化と・・  実際のスイングの変化・・・?  内面的な感覚に纏わる部分の影響って

先週半ばに突如、私の身に現れた感覚の修正による球筋の変化・・・。
それは、テークバックがスムーズになることで、スイング中の違和感が少なくなり軽く振っているつもりでもヘッドが走っている状態です。

実際には、ラウンド中は色々な雑念との戦いが加わってスムーズなものとはならなかったのですが・・(汗)
ここは、もしかすると気持の部分で対処が出来るかもしれないと感じています。

と、いうのも、実は週末の練習場で久しぶりに自分のスイングを動画に記録してチェックしてみたのです。
その結果は、やはり、外見的にはこれまでの自分のスイングとほとんどと言うよりも、全く変化の無いと言えるものでした。(スイング全体に年齢なりの固さが見受けられましたが・・(汗))
これまで20年以上かけて積み上げてきたスイングは、ほんの僅かな感覚の変化程度では変わるものではないようです。

直近でも7~8年前にスイングプレーンの変更を目標に、スイング改造に取り組みましたが、私の練習量では目標のプレーンまで変化させるのに5年の期間が必要でした。
現在ではそのスイングを無意識下で行えるようになっていますが、この結果を見ても見た目で大きくスイングを変更するというのは本当に一筋縄ではいかないものです。

私自身が先週感じたものは、スイングを外見的に変化させるものではなくて、その始動のスムーズさや体全体のバランスを上手く保つためリズム感を変化させるものだったのです。

考え方を変えてみれば、スイングにある程度の形が備わっていれば、そこから重要になってくるのは、こういう内面的な感覚の部分ではないかということです。

ちょっとした感覚的な心の中の動きが、リズムやタイミングをいい方向に導いてくれる。
それだけゴルフスイングにとって重要な部分でありながら、これを身につけることは意外にも難しいのではないでしょうか?

例えばレッスンの中で、言葉に変えて表現してみても他人に体感してもらうのは非常に困難な世界であるように感じます。(自身もこのブログの中で上手く文章表現することは難しいです・・)
また、その時の心情が大きく結果に影響を及ぼす世界でもあることは、これまで幾度となく経験しています・・(汗)
(緊張するとスムーズさが失われますよね・・)

今回の、この説明のつかない「開眼」状態の経験をきっかけに、この内面的な感覚の部分について少し研究してみたいと思っています。
どうすれば・・定型的なものとして身につけることができるのか・・・?

誰にも目視で確認することのできないのが、その人だけの「感覚」の世界ですものね。
この点を意識しながら、今後の練習に取り組んでみたいと思う今日この頃なのです。


↓ランキングにエントリーしてみました!ご協力いただければ幸いです!
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ
スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そうなんですよねぇ。
形を色々変えても結局はリズムやタイミングの狂いっていうのがミスの原因になっちゃいますもんね。

僕の場合は以前耳に付けるメトロノームを使って練習してましたが、何度も使ってると意外と体がそのテンポを覚えてくれる感じでしたよ。(電池が切れてから最近使ってませんが・・・w)

その時のテンポは自分が歩く時の速さぐらいに合わせるのが一番打ちやすかったです。
ちなみに3拍子にしておくのがキモです。
1.アドレス(フォワードプレス)→2.トップ→3.フィニッシュ
ってな感じ。

僕が使ってのはこれですが、すでに生産終了になってるみたいです・・・。
http://item.rakuten.co.jp/shibuya-ikebe/korg_mm1_jg/

か~くんさん

そういえば、内藤ツアープロコーチのレッスンで見たことあります。
メトロノームのリズムに合わせてスイングするってやつですよね。

ただ、最終的には、自分の中の時間で消化しなければならないので、この機器を使って得たタイミングの感覚をどのような状態でも再現できるような強固なものに固めていかなければならないですね!
・・うーん、もしかするとこれも永遠のテーマになりそうですね・・(^▽^;

No title

大人になると、ついつい形から考えちゃいますからねぇ・・・。

その点、子供たちは本質を見抜くっていうか、
核の部分のコツを掴むのが速い。

僕も子供たちを見て、勉強したりしています。

リサパパさん

はい。
おっしゃるとおりだと思います。
形では見えない部分って大人ほど理解しにくいのかも知れないですね。
この点に早く気がついて練習のあり方を工夫すれば、ひとつステップをクリアできそうな・・、そんな気がします(^-^)y

No title

本当に、どうしてこれほどまでに再現性の低いスポーツなのかと
不思議になります。。
運動神経、反射神経とかって、あまり関係ないのでしょうかね。。(^_^;)
止まっているボールを打つって本当に難しいですよね!
私は、自分の閃いたときの言葉や感覚を、忘れないようにメモしておいたり、動画をこまめに撮っておいて、最高の時の自分を見てその時の感覚を思い出すようにしています。(#^.^#)
でも、これもまたひとそれぞれなのだと思います。。(~_~;)

まりんさん

この辺はレッスンや、教本からもマスターしにくいプレーヤーなりの感覚の中で理解すべきところなんだと思います。

反射神経等はゴルフでは必要ないのですが、その代わり普遍のリズムとタイミングを生み出す能力って必要なのかも・・?
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
34位
アクセスランキングを見る>>