■エグゼクティブのための 正しいゴルフの習い方  ~ラリー・ネルソン(著) 伊藤守(著) (2011.3.20)

遼が、最近読んだ本です。
「エグゼクティブのための 正しいゴルフの習い方」という少し変わったタイトルなのですが、プロゴルファーのラリー・ネルソン氏と、コーチングのプロ・伊藤 守氏の対談でゴルフを学ぶための真髄が語られる面白い形式の書籍です。


エグゼクティブのための 正しいゴルフの習い方エグゼクティブのための 正しいゴルフの習い方
(2011/03/20)
ラリー・ネルソン、伊藤 守 他

商品詳細を見る



この本のテーマは、ビジネスマンにはビジネスマンの、普段の仕事のやり方を生かしたゴルフの習得法があるということを伝えることにあるようです。
他のゴルフ教則本では得られない、少し見方を変えたゴルフ上達法の紹介と言えるかもしれません。

その方法を、コーチングのプロである伊藤 守氏が、ラリー・ネルソンへの質問を重ねながら、彼のゴルフ理論をコーチングの立場から補強していくことで表現されるのですね。

それでは、本書の内容ですが、全体的には以下の目次に従って進められていきます。


■第一章 理解する
1. 自分のスイングを開発する
2. 緊張をコントロールする
3. 学習の仕方を学習する
4. イメージを作る
5. 主体的に習う
6. スイングのメカニズムと筋肉を理解する
7. 目標に近づく

■第二章 鍛える
1. 自分のスイングを開発するための基本
2. 筋肉を鍛える
3. コントロールする



「理解する」章と、「鍛える」章の2部で非常に分かりやすく構成されています。

さて、個人的な感想として、面白かったのは、「ターゲットに向かって打とうとしてはいけない。それよりも自分のスイングを開発することだ。」というお言葉。

私は日頃から常にスイングは限りなく無意識に、ターゲットへボールを運ぶことを第一に・・・の考えでゴルフをしていましたが、全く逆の教えになります。
ゴルフ理論は常にいくつかの相反する教えが交差しているものですが、この教えの言わんとする部分は、再現性の高いスイングを造ることが第一ということになるのでしょう?
これも、本書のテーマであるビジネスに則した習得法から導かれたもののように感じました。
ようは、フィーリング重視ではなく、理論的に。

そのために、プロゴルファーのラリー・ネルソン氏が理論を語る構成なのでしょう。

なぜなら、ラリー・ネルソン氏は多くのアマチュアゴルファー同様に、社会に出てからからゴルフを始めたので、より理論的にゴルフを学んで成功したモデルとして考えられるからなのだと思います。

一般的に多くのプロゴルファーは幼少の頃から身体にゴルフを染みこませていってプロのレベルに到達するわけですが、彼の場合は、世間でいうところのゴルフ理論を学ぶことでゴルフを習得したのですね。

多くの成功例にある習得法・・幼少期に、五感から入ってくる情報から自然に得られるフィーリングセンスではなく、成人として自分自身の頭のなかで理論的にゴルフを学ぶ・・・、それは、我々アマチュアゴルファーがゴルフを覚えて上達していく過程と同じです。

そういう意味では、多くの方々にあったゴルフの学び方を提案してくれている書籍だとも考えられそうです。
是非、一度お目通しされることをお勧めします。

ただ、細かいスイングレッスンなどの表現はないので、ある程度ゴルフを経験された中級者の方がターゲットだと思われます。

そういえば、本書の指摘で一点、個人的に耳が痛いものがあります。

「練習場で45分以上打ってはいけない」・・・です。

私は平均的には2時間くらい・・・(汗)
うーん、言わんとすることはわかるのですが、休憩を交えながらの練習なので許して欲しいです・・(笑)

だって、打ち始めると・・・、ねぇ・・(笑)


↓ランキングにエントリーしてみました!ご協力いただければ幸いです!
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ここ最近は、「スイングを意識しすぎてたから、もっとターゲットに向かって打たなきゃなぁ・・・」なんて思ってたところだったのですが、少しホッとしましたw。
それより練習場で45分以上って・・・。
45分だとたぶんまだ20球ほど打ったところですが・・・v-356

か~くんさん

ですよねぇ・・・。。
私も、ウオーミングアップが終わった程度かも・・(^_^;

ゴルフ好きには、逆に辛い教えです。
そういえば、倉本プロも一時間っておっしゃってましたね。

短い時間で、回数を増やす。
例えば、毎日・・・こんなスタンスで理解すべきなんでしょうね!

うーん、こういう練習も取り入れた方がいいのかな?

No title

45分くらいしか打てないから、時間たっぷり取れる時は
2時間以上は当たり前ですよ~e-330
毎日ちょっとずつが本当は理想なんでしょうけど
中々毎日練習場に通うのは難しいですよね・・・

素振りと練習場を入れても毎日って難しいe-327
昔は当てることがメインだったけど、最近は狙ってその方向に
打つようつとめてます
マットに合わせて真っ直ぐ立つのではなく、他の障害物に合わせて・・・
いつも右に向きすぎると言われてたので(^-^;
でも、私にはこの練習がいいんです~(^-^;

ちよさん

個人の環境に合わせて柔軟な対応は必要ですよね!
考え方の本質の部分を上手く取り入れていけばいいのかなって思います。

>マットに合わせて真っ直ぐ立つのではなく、他の障害物に合わせて・・・

↑この取組みは素晴らしいです。
だって、コースは目標に向かって線は引かれてないですもんね!
まさに実戦への対応(^O^)y

No title

45分ですか~。それは厳しい。。
練習場にいつも1日居座っている常連さんたちには聞かせてあげたい。笑

>第一章 理解する
2. 緊張をコントロールする    ××× 笑

これだけ特に出来そうにありません(^^;

そうは言っても、自分にぴんときた事だけ取り入れるとか。。(;^_^A
だめでしょうかね~。。

まりんさん

緊張をコントロールする・・。

特に、試合の時に欲しい技術ですよね~。
そして、一番習得が難しい技術・・(^_^;
生まれ持った資質も影響あるし・・。

でも、焦らず少しづつでも身につけていけば・・きっと(^_^)y
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
35位
アクセスランキングを見る>>