■タイガー・ウッズのスイング改造は新ゴルフ理論!? 『スタック&ティルト・スイング・システム』  ~Stack & Tilt・・・左一軸打法?~

さて、今年のタイガー・ウッズの成績不振について、『スイング改造への着手』との報道関連からの情報を多く耳にしましたが、新たにショーン・フォーリー氏をコーチにむかえて、最近米ツアーで広がりつつある新しいスイング理論にトライしているようです。

それは、 『スタック&ティルト・スイング・システム』・・・・はて?

↓さっそくネットで「スタック&ティルト」を調べてみると・・
ここ(スタック&ティルト)

なるほど・・Stack & Tiltは現在アメリカで評判の、アンディー・プラマーマイク・ベネットというティーチング・プロによって提唱されている新しいスイング理論なのですね!

日本では俗に・・・『左一軸打法』と言っているようです。
この言葉を聞いて私は、3年前(2007年)に、ゴルフダイジェストや、アルバに紹介されていたのを思い出しました。

↓これ
2007GD.jpg
【2007年ゴルフダイジェスト誌より引用】

有名なのはアーロン・バデリー、マイク・ウィアー、ディーン・ウィルソン等・・すでにこの理論を取り入れているプロもアメリカでは多いようです。

私が集めた資料をもとに一言で簡単に説明すると、「体重移動を極力少なくする中で、最大限のスイング効率を求めた理論」・・・こんな感じでしょうか?
これはこの理論を私なりに理解した表現なので、少しニュアンスは違っているかもしれませんが・・、少なくとも、難しい体重移動に対してひとつの解決を試みた方法論なのではないかと思います。

見た目の特徴は、コンパクトなトップと、トップオブスイングでの若干の左への傾きです。
体のメカニズムを上手く最大限に利用しているので、小さなスイングでも効率よくインパクトに向けてパワーを集約できるとのことです。

噂では、ウエストウッド、オヘア、グーセン、オギルビーなどなど もトライを始めたとか・・。
そういえば、NHKのゴルフ番組今田竜二プロも自身のスイングの説明の時に、左足ウエートについて語っていて、それを聞いた司会者(佐渡充高さん)が驚いていましたが、恐らくこの理論を取り入れているんですね。

ちなみにこのStack & Tilt打法、アメリカでは一軸とは表現されていないようです。
真ん中にスタックして、左に移動する・・・、やはり2軸表現のようです。
スイング理論を日本語へ翻訳するのって難しいのでしょうね・・。

↓方法を記載したページを見つけました
http://www.geocities.jp/tokyomarlin/rcolumn15.html

↓ランキングにエントリーしてみました!ご協力いただければ幸いです!
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

スイング理論もいろんな方向に変化(進化)するんですね。

REXさん、懐かしいです。
アジアンツアーで知り合い、ちょっとだけ一緒でした。

Deanも懐かしい。
学生時代はよくゴルフしました!

知り合いはドンドン有名になっているようですねi-230

No title

りょうさん、こんばんは!

とってもユニークなスイング理論ですね♪
右膝が伸びるところを除けば納得できそうです(^-^;。。

体重移動を極力抑えるという事や
コンパクト&フラットトップは私も目指しているんだけどな~(・_・;
なかなかできませんね(^^;;

冷やし坦々麺、ゴマ好きな私としては気になります~(笑)。

リサパパさん

そうですね。
特にアメリカからは、新しい考え方が次々と生まれてきますよね。

・・・しかし、リサパパさん、ほんとアメリカにお知り合いが多いですね・・(^O^)
いつもビックリしてます・・(^_^;

まりんさん

>右膝が伸びるところを除けば納得できそうです

↑私もこの点だけは、これまでに絶対にNGだった動きなので抵抗があります・・・(^_^;
でもそうしないと・・・体重移動が大きくなるのも確か・・・。

うーん。でも、怖いもの見たさでちょっと取り入れて気も(^O^)

それから、冷やし坦々麺ですが・・・たっぷりのすり潰したゴマが・・・なんともいえない味わいを・・・(^O^)♪

No title

こんばんはi-179

遅くなりましたがi-229、クラチャン決勝お疲れ様でしたi-228

また挑戦継続ですね。

でも来年はきっといけます!頑張ってください!!


1軸打法ですが、写真に掲載されているゴルフダイジェスト読んで衝撃を受けた記憶があります(少々大げさかな?)

当時は「トライしてみようかな」と思ったりもしたのですが、これでミスショットを繰り返したら、絶対「右に体重が乗っていない」と指摘され、それに反論するのが面倒なので断念しましたi-232
タイガーがやり始めたらトライする人が増えそうですね。

dachinさん

dachinさんありがとうございます。

やはりdachinさんも覚えてらっしゃいましたか?
今回、写真を掲載できたのは、私もdachinさんと同じで当時雑誌を見たときに驚いて、思わず切り取り保存していたからなのです。

それだけ、スタンダードなスイング理論とはかけ離れていてびっくりしますよね。

でも、あれから3年・・実践し始めたプロもアメリカでは多いようです。
そろそろ・・・!?

No title

色々あるんですね・・・
難しすぎて私にはとても、とても・・・e-330

色んな方法があって・・・どれが自分に合っていて、無理なくスイングできるのか
道のりは長そうですねe-454

ちよさん

はい!
スイング理論は無数にありますよ!
色々試してみて自分にあったものを見つけなければならないので難しいですよね!

でも、その試行錯誤が楽しいのかも(^_^)y
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
31位
アクセスランキングを見る>>