クラブ回顧録■ドライバー■④データリバースチタン(プロギア)

データに基づいた画期的なクラブを作りつづけているプロギア(PRGR)

中でも、当時の製造技術では実現することの難しかった、重心位置をクラブのセンターに位置させるために、クラブヘッド形状を上下逆に設計するというアイデアで設計された画期的なドライバーがデータリバースチタンです。
 
1995年前後のチタンドライバー創世記に発売され、とても話題になったクラブです。

b149755104_1.jpg

b149755104_2.jpg


当時のドライバーヘッドの重心はネックの長さと、パーシモンからの流れでのデザインで重心が高くなっていました。

現在、重心の少し上で打つと、ギア効果でスピン量が減って飛距離が出ることがわかってきて殆どのヘッドが重心位置をセンター付近に設計してきていますが、当時の技術では、設計に余裕がなく、大変難しい設計でした。

それを、プロギアは、発想の転換ヘッドデザインを上下逆にすることで実現したのです。

当時とても話題になりましが、その恩恵を受けるにはミート率が要求され、一定の層には大きな飛距離をもたらしました。

データ中心にクラブを設計する。
その流れを作った最初の企業として、その影響力は現在まで引き継がれています。

私も個人的にとても注目しているゴルフメーカーです。

最近少し元気がないのですが、きっと、また画期的なクラブを、世に送り出してくれることを期待して楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
31位
アクセスランキングを見る>>