■ドライバーの打点を測定・・・・やっぱり重心距離は!?  ~440CCドライバーの検討~

この週末は練習場でしっかりとドライバーを打ち込みました。

朝からの雨で、地域の草刈りの行事が中止になって・・・時間がぽっかりと空いたので・・(笑)
そうとなれば、練習場!・・・ですよね。

さて、今回の練習では、久しぶりにそれぞれのクラブの打点測定してみました。
測定は、クラブのフェース面にインパクトマーカーなるものを貼り付けて確認します。

↓これ
【マーカー写真】
ショットまーか


このインパクトマーカーによる打点の確認ですが、10年くらい前にトライしてからその後は一度も。。。
なぜ、今回、再びこのような実験を思い立ったのか?

それは・・・、前回のブログ記事に記載したように、ドライバーの重心距離の違いによる総合特性の差に最近興味を持っているからなのです。(詳細は、この記事→ http://golfgeardiary.blog63.fc2.com/blog-date-20100611.html

さて、実際の確認ですが、まずはアイアンクラブから順番に打点の確認をしていきました。
・・・アイアンは、ほぼフェースセンター(若干ヒール気味)・・まずまずです。FWもほぼセンターでした。

そして、いよいよ本題のドライバーです。
・・・結果は!?


↓これ
【打点写真】
打点


なんと!!
・・すべて、ヒール気味打点ではないですか!?

写真は20球のショットを行なった後のものなので、私は、完全にネック寄りでボールを捉えているようです。

・・・これは意外な結果です!

なぜなら、この打点でも、感触はほとんど芯に当たっているかのような心地よいもの・・・。
ある意味、最近のクラブの芯の広さに・・・驚きました。

さっそく、自宅に帰ってから、シャフト軸センターから打点平均までの距離を計測してみると・・・、
シャフト軸から、平均して「30mm」前後の位置でボールを打っていることが分かりました。


こ、これは!?




>・・・急用のため・・明日に続く・・・・・スミマセン・・(汗)

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アイアンもウッドも若干ヒール寄りって上級者の証拠ですよね。
ヒールダウンしていないってことでしょうから・・・
ミスをするときにはトゥ側に当たってしまう私としては羨ましいです。

しかし、30ミリの数字をたたき出せるのはキャロウェイしかないんじゃないでしょうか?
460ccクラスで30ミリを切っていたのはキャロのFT5ドローしか知りません(^_^;)

よっちさん

いやー。。。
驚きました・・(^_^;
こんなにヒール気味で打っていたなんて。。

コースで3Wでティーショットをした時によく飛んでるなーって思っていたのですが、逆にドライバーの方が、ヒール気味の打点で、飛距離ロスしていたんですね・・・(^_^;

ご指摘の通り、重心の短いモデルを試してみる価値ありですね!
・・キャロウェイですね。アドバイスありがとうございます。

さっそく検討してみます(^_^)y
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
35位
アクセスランキングを見る>>