■TPA18・・覚えていますか? ~クラブ回顧録■パター編■ 【テーラーメイド TPA18】

最近少し気になっているのが、ODYSSEY(オデッセイ)ブラック・シリーズです。
これ↓

【ブラック・シリーズix #9】
L字


写真はix #9ですね。
このタイプのパターは、20年以上前の『テーラーメイド TPA18』のデザインを継承したもので、最近では各社でリバイバルの兆しがありますよね。

私にとって、このタイプのパターにはとても深い思い出があります。

私は、1994年当時L時パターが好きでマクレガーIMG5の復刻品を使っていたのですが、その頃からイップス気味のパッティングに悩んでいて、使用を試みたのが『テーラーメイド TPA18』でした。
L字とマレットのいいとこ取りのデザインで、トゥーヒールバランス設計による慣性モーメントの向上と、マレット形状による深重心が特徴でした。

実は、当時既にテーラーメイドのTPA18にはプレミアがついていて、数万円の値段がついていました。(最高値で10万円を超えるまでになっていましたね・・(笑))
なぜなら、既に版権がウィルソンに移っていて 『ウィルソンTPA18』として販売されていたからです。(その後に版権はコブラに移ったと記憶しています)

人気の秘密は、当時メジャー6勝で飛ぶ鳥を落とす勢いのニックファルドがメジャーで優勝した時に使ってたのが、そのテーラーメイドのTPA18で、TV画面に映し出されるテーラーメイドのロゴの魅力から人気となったものです。
日本でも牧野裕プロが使用していましたが、既に版権がウィルソンに移ってから長く、市場に流通量が少なく希少なパターとなっていて、当時流行だったオールドパターとしての扱いになっていました。

私は、そのパターどうしても手に入れたくなり、定期預金を解約して購入したのです・・(笑


【テーラーメイドTPA18】
TPA18_2_convert_20100413192620.jpg

TPA18_1_convert_20100413192555.jpg



しかも、当時は中古ゴルフショップもほとんどありませんでしたから、わざわざ地方から飛行機に乗って東京まで購入に出かけたと言う訳です。
若さゆえ・・・ですね(笑

購入後、3年は使用していたと記憶しています。
当時、パターにヘッドカバーをする人はまれだったのですが、毛糸で編んだパターカバーを被せていつもきれいに磨いて使用していました。宝物の扱いですね・・・(笑

現在は、ゴルフクラブに希少価値を求める風潮はなくなりましたので、その当時の事がとても懐かしく感じられます・・
そんな訳でこの形状は、私にとって、とても思い出に残るパターとなっているのです。


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

若さゆえ~悩み~って音楽が聞こえて来そうですが
定期預金解約したなんて凄い
東京まで行っちゃうなんて凄いです
そう考えると、ネットってホントに便利なんですね~

No title

こんばんわ~v-411

おぉ~v-352
生唾ものですv-356

今のボールでは、合わないですか?v-356

No title

こんばんはi-179

どうしても欲しくなるその気持ちよくわかります。

しかし飛行機に乗ってまで・・・i-202

ピカピカの写真を見ると今も大事にしているみたいですねi-201

ちよさん

いえいえ・・それもやっぱり若さです(^^;
確か26歳27歳の頃です。

今はネットがあるので便利ですよね~(^^
当時は1992年~1993年なのでPCが一般に広まる少し前の時代でした・・・でも・・東京まではね・・・・(^^;

若さっていいなぁ・・(^-^

あっじぃーさん

おー! やはりあっじぃーさん!
・・・反応がマニアックですね(^^;

やっぱり素材がステンレスなので、弾いてしまいますね・・・やはり当時の糸巻きバラタのボールと相性が良さそうです。

ホワイトホットや、アルミ素材のパターに慣れるとものすごーーーく硬く感じてしまいます(><)

dachinさん

いや~・・・でも飛行機に乗るまで3ヶ月くらいは悩んだんですよ・・・(^^;
結局行動に移しましたが・・・(^^;

今でも覚えていますが、フェスティバルゴルフとS&Sゴルフに行きました!当時プレミアクラブはそこでしか数を扱っていなかったですね。。。

いい思い出です。
今はパーシモンクラブ達と一緒にディスプレーされてます(^^

No title

ウイルソンは持っていて使いましたが、今一つ合いませんでしたのでどこかに行っちゃいましたね。少し打感が硬かった覚えがあります。自分的には柔らかいIMG5型のパターばかりでした。その後WOSSを長らく使いましたよ。

これと同じ形で、テーラーから出ているガルシアモデルが2年ほど前にありますが、うちの親父はそれを使っています。ガルシアは、日本では余り有名でなく、パターも上手くないので、遼くんほどブレークはしませんでした。

道具屋さん

私もここ長らく、ネオマレットや、センターシャフトを使うことが多かったので、このタイプを今使ったらフィーリングが出ないかもしれません。
ショップで転がすだけならなんの問題もないのですが・・・
やはり、パターは、パッティングでプレーッシャーがかかった状態でないと判断できないですよね。

もっとも、私の場合は道具でなく『心』の問題のような気がします(^^;

No title

良いお話ですね(^_^)
りょうさんだと、これくらい思い入れのあるクラブもあって然るべきだと思いますね。

私には、残念ながらそれ程の思い入れのあるクラブはありません。
使いこなす腕がなかったのと、高価なクラブを買うことができなかったからだと思います。

でも、これから、そのようなクラブと出会っていきたいですね。
そして、年老いたときに、そのクラブを眺めて自分のゴルフ人生を回顧することができたらと思います(*^_^*)

よっちさん

よっちさんのコメントが妙に心にしみ込んできました(^_^)☆
温かいお言葉をありがとうございますm(_ _)m

これからもお互い良い想い出をたくさん作っていきたいですねv(^_^v)♪
よっちさんの場合は家族との楽しい想い出かな?

No title

実は前回のラウンドで、キャメロンのsantafe tour(購入当時15万円)を持出してラウンドしたのです。HC10の頃、最小パットの22(スコアーは77でしたが)というのが、このパターでして、最後にはここに戻らなければいけないという自分の中に強い想いがあります。

でも難しいんですよ。
ミスした時に、想定距離の半分しか転がらないんです。
これはL字でもTでも同じですね。
キャメロンは確かに、蕩ける様な感触なんですが、ミスした時にミスの幅が大きく、取り返せないんです。競技は、当分オデッセイIX07ですね。

遼くんパターは、僕には難しすぎます。

道具屋さん

なるほど・・・そうですね。
やはり一度やさしいものに移行してしまうと、元に戻るのが難しいですよね。
私も競技に参加する時には、直近で安定感のあるパターを選びます。やはり道具に対する安心感は重要ですね。

No title

はじめまして!リサパパと申します。

僕も当時はTPA(テーラー)シリーズを随分集めました。
パターって、他のクラブよりも思い入れが強いですよね!

どのパターを見ても、その当時の事を思い出せますもんね!

リサパパさん

こんばんは(^^

ホントにおっしゃる通りですよね!
基本的には他のクラブと違って、プロと同じものが使用できるので思い入れが強くなる面もありますよね。
当時はPINGのアンサーもスコッツデールとか・・・憧れました。。
結局憧れのまま時代が経過してしまいましたが・・・・

そんな私もいまはネオマレットですが・・・(^^;
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
34位
アクセスランキングを見る>>