FC2ブログ

■インパクトの瞬間を「形状記憶」・・!?   「イ・ボミ」プロのアマチュア時代のトレーニングに閃き

先日、ゴルフ雑誌を読んでいて、久しぶりにいい練習方法について学ぶことができました。
掲載は週刊ゴルフダイジェスト誌で「イ・ボミ」プロによるレッスン記事です。


それがこれ↓

20151005_03.jpg

※写真は週刊ゴルフダイジェスト誌より引用


そう、「アイアンで砂袋を叩く」というトレーニンなのです。

記事によると、彼女はプロ入り前のトレーニングで「500回の砂袋叩きを日課」にしていたと言うのです。

すごいですねぇ。

私なんて500球ボールを打つのでも大変なのに、500回もの砂袋叩きなんて・・。
この練習方法だとかなりの衝撃で体に大きな負荷が掛かりそうですものね・・(汗)

さて、重要なのは、この練習の意味するものと目的なのですが、
それは、「インパクトの瞬間の形状記憶」なのです。

よく言う『ぶ厚いインパクト』を得るための礎となるトレーニングなんですね。

ちなみにポイントは腕と体を同調させて「乾いた音」を発生させることなのだそう。

よく、逆に「インパクトを意識せず、フィニッシュまで振り切る」というスイングの全体像を固めるレッスンを目にしますが、このトレーニングは、その次のフェーズとなるものではないかと個人的には感じました。

より、繊細なインパクトエリアでのフェース入射角と、ヘッドへの力の伝え方を理解し形状記憶させる。
是非、やってみたい練習方法です。

ただ、現在の左肩の状況では強い負荷がかかる練習は難しいので、まずはリハビリによる左肩の完治を目指す必要がありますね。

その先の効果的な練習方法として、採用してみたいと思っています。

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

りょうさん、ラウンド復活おめでとうございます!
内容も素晴らしいもので、さすがだなあと思いました(*^o^*)。

イ・ボミプロの練習すごいですね。私は肘とか痛めそうなので無理かもしれませんが…(~_~;)。
タイヤを押してインパクトの形を再現する練習は昔やりました(*^o^*)!
そう言えば、なかなか基本に返る練習って今は出来てない事に気付きました(^-^)。りょうさんも、もうすぐ完全復活ですね!焦らず頑張ってくださいね!

まりんさん

もう少し可動域が上がればって思いがありますが、焦らずにハーフスイングでの練習を続けていきたいと思っています。

ただ、気温が低くなってきたので、左肩のケアだけは十分な配慮をしていかないといけないと思っています。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
51位
アクセスランキングを見る>>