■プロゴルファーも知らない優勝請負人キャディのシークレット・メモ  清水 重憲(著) 主婦の友社(20141112)

遼が、最近読んだ本です。

『プロゴルファーも知らない優勝請負人キャディのシークレット・メモ』というプロキャディが著者という珍しい書籍になります。
また、“プロキャディのテクニックにはスコアアップのポイントが沢山!!”のサブタイトルからもイメージできる通り、キャディである清水氏が、これまでの職業人生の中で掴み取ってきたエッセンスの数々が語られる書籍なのです。



↓これ

プロゴルファーも知らない優勝請負人キャディのシークレット・メモ―プロキャディのテクニックにはスコアアップのポイントが沢山!! (パーフェクトゴルフ)プロゴルファーも知らない優勝請負人キャディのシークレット・メモ―プロキャディのテクニックにはスコアアップのポイントが沢山!! (パーフェクトゴルフ)
(2014/11/12)
清水 重憲

商品詳細を見る




さて、今回この書籍の著者はこれまで田中秀道プロ、谷口徹プロ、上田桃子プロ、イ・ボミプロ、藤田寛之プロらトッププロ達の優勝回数24回をアシストしてきたというプロキャディの清水 重憲氏です。

まず、以下に本書から引用して略歴を掲載しておきます。

清水重憲(しみず しげのり)1974年生まれ。大阪府出身、近大卒。男女プロゴルファーの優勝をアシストしてきたプロキャディ。男女メジャー5勝、男女ツアー計24勝へ導いてきた。現在、韓国人プロのイ・ボミ選手とキャディ契約、参戦している。2014年は藤田寛之プロ1勝、イ・ボミプロ3勝と計4勝していて“優勝請負人”と呼ばれている

本書によると、現在はイ・ボミプロと契約をしていらっしゃるようです。
彼女であれば、まだまだこれから優勝へのアシスト回数を増やしていきそうですね!


さて、今回本書を読んですごく感じたのは「野球に例えると、投手がプロゴルファーで、捕手がキャディ」ではないかということです。

キャディーは捕手目線で、スコアアップのためのデータを重視する、メンタルを整える仕事をする。
野球で言うと相性のいいバッテリーを夫婦に例えて“女房役”と言いますが、そのような結びつきがあるのだということを実感しました。

確かに、毎週のように色々なコースで、様々な気象条件の中で、生き残りをかけた厳しい戦いにさらされているトッププロ達にとっては、我々の想像以上にプロキャディは非常に重要な役目を背負っているのかも知れませんね。

今回改めて、本書を読んで感じた次第です。


さて、それでは本書を読んで、私にとって大きく心に響いた内容を紹介しておきたいと思います。
まず、私が気に入った主なコンテンツは以下のとおりです。


・スタート前には天気予報と風をチェック
・プロは「感性」、キャディーは「データ」で戦う
・ラウンドで渋滞したときこそスコアを縮めるチャンス
・朝の練習はその日のスコアに直結しない
・ゴルフはラッキーとアンラッキーでできている
・2打目以降は風とボールのライに注意
・リズムが悪くなったら、目先を変えたり何かを食べる!
・グリーン形状から外していいところを決める



特に、勉強になったのは、「リズムが悪くなったら、目先を変えたり何かを食べる!」の項目です。
私自身の「ラウンドレポート」でも、よく一日を通してのリズムの変化について反省を述べていることが多いのですが、明確な対策方法についてはつかみ切れていませんでした。

非常に参考になったのが以下の内容です。

この点について、清水キャディは、リズムが悪くなる時は必ず「速く」なっていると言っています。
でも、プレーヤー本人は気づいていないから、ボールや、グローブなどを変えるなど・・という目先を変える行動をとるのだそうです。

なるほど、確かに本人は何でリズムが悪くなったんだろうって焦るばかりですものね。
やはり客観的に判断できる他人の目でないと理解するのは難しいのでしょう。

それともうひとつ、何かを食べるのもいい方法だとも。
これは、プロの場合はスループレーなので、プレーに負担のないように少しずつ食事をとることが必要なので、その行為をリズムの変化に利用するのですかね?

これについては、個人的にやってみたいなって思いました。
今度リズムが悪くなってきたら、チョコレートを口にするような行動を試してみたいです・・(笑)

ちなみに韓国のプレーヤーのキャディをするときは、1時間に一回は何かを食べさせるようにと言われているのだそうです。面白いですねぇ・・(笑)

その他にも、

スタート前には天気予報と風をチェック
ラウンドで渋滞したときこそスコアを縮めるチャンス


の項目など、まさにキャディ目線の内容でした。


こんな風に、プロキャディならではの視点から、普段目にしない面白い情報が満載でしたね。
さすがに、ゴルフ書籍を多く読んできた私もキャディ視点でのお話は初めて。

とても、楽しく、興味深く、そして勉強になる内容を結構見つけることができました。

本書を読んで感じたのは、普段からセルフプレー中心の我々アマチアゴルファーは、キャディ目線でのスコアアップテクニックをも身に着けなければならないということです。

キャディのもつ客体的な感覚を自らに植えつけられれば、更なるレベルアップも可能なのでは・・・。
そんな風に感じたのですが、常に我を忘れるような状況に追い込まれている我々プレーヤーには、これは非常に難しいことでもありますね・・(汗)

でも、常に前向きな努力だけはしていきたいものです・・(笑)

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

りょうさん、風邪はもう治りましたか(´・ω・`)?
無理しないでくださいね♪

プロキャディのお話興味深いですね!
>・プロは「感性」、キャディーは「データ」で戦う
・ゴルフはラッキーとアンラッキーでできている

私はこのあたりが激しく頷くところでした(*´▽`*)♪

私が習っているプロも元プロキャディなので昔のお話聞くと
楽しいです。

まりんさん

いえ、まだ治らないんです・・(^_^;)
急に気温が下がったので体がついていかなかったんでしょうねぇ。
なので、今週は練習もそこそこにゆっくりと休日を過ごす予定です。

年末にはラウンドに復活したいです(●^o^●)
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
37位
アクセスランキングを見る>>