■年齢にともなって幸せの感じ方が変化するかという研究結果 ・・・・驚くほど、自分自身のパターンと一致・・(汗)

先日、ネットでタイトルに記載した『年齢によって幸せの感じ方がどのように変化するかという研究結果』の記事をみつけました。

この内容・・、
ある程度の人生経験がある方なら共感いただけるのではないかな・・と思い記事に書き留めてみました。


↓これ
年齢によって幸せの感じ方がどのように変化するかという研究結果 | ライフハッカー


私がこの記事を読んで、
興味をもったのは、“幸せというものは動く標的のようなもの”だということに気付いていない人が多いという部分でした。

これは、記載の通りに研究によって、幸せは一貫したパターンに従って徐々に変化する傾向にあることが分かったからなのですね。

たとえば、遠い未来を見ている若い人たちは、特別な経験により大きな幸せを感じている。
一方、私のように年齢を重ねた人たちは、何でもない普通の経験が幸せにつながっていると。

この点は、ある程度の年齢となっている私にとっては、これまでの人生経験とほとんど重なる内容でした・・(笑)
確かに現在では、若かりし頃ほど、特別な経験を求める行動は少なくなって、非常に平凡な日常を楽しめるようになってきています。

私などでは、日常的に元気にゴルフができれば、それで幸せって感じです・・(笑)
それも年々その傾向が高まってきているように感じていました。

また、最も共感できる内容がその理由についての説明。

それは、人生に残された時間がどれくらいあるかという感覚が、日常生活に幸せを感じるように変化することに関連しているという点です。

若い時分「人生に残された時間はまだまだあると感じている時は、日常的なものは当然のものだと思っている」からより特別な物事に幸せの矛先が向かうのですね。

この点も私のパターンにぴったりとはまっているみたいです・・(汗)

この記事を読んで、改めて私自身40歳を超えた頃、残りの人生を考えるようになってきた頃から、少しずつ考え方が変化してきたことを思い出しました。


また、この記事で、幸せだと感じることが年齢と共に変化する、ということを明確にしておくことには実用的なメリットがあるといっていますが、

私にとっては、残りの貴重な時間をしっかりとした目的と目標を持って生きていくことに方向転換することができたことがメリットでしたね。

もちろん、言われる通り・・・、練習や、トレーニングや、読書の繰り返しとなる、非常に平凡な毎日の繰り返しに幸せを感じることができるようになってきています・・(笑)

私自身が感じていた、多くの娯楽や週末の夜にお金をそこまでかけないように変わってきている感覚は、まったくもって普通だということが科学的な確証が得られているという言葉になんだか安心しました。

昔は楽しいと思っていたワクワクドキドキするものが少しずつ減ってきても・・、安心していいのですね・・(汗)

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

りょうさん、激しく同意です(#^.^#)♪

怖いもの知らずな20代の頃は、今考えると
幸せが何たるものか分からなかったと思います。

なぜでしょう?今は普通であることに喜びを覚えます。
神様に感謝しちゃうくらい、です。

自分自身の幸せバロメーターはかなりレベル低いと思うのですが(;^ω^)。

まりんさん

わぁ~まりんさんもですかぁ(#^.^#)
やっぱり研究結果通りの傾向があるんですね!

それと、年齢を重ねるごとに少しずつ現実的になってくるっていうのはありますよね・・(^_^;)
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
31位
アクセスランキングを見る>>