■ショートコースでラウンドデビュー  ・・・手術後6か月ぶりのゴルフはショートコースから

昨日、骨折の受傷による手術後6か月が経過しました。

現在のリハビリ状況については、少し前の記事に記載した通り、まだ左肩についてはかなり拘縮や、痛みが残っていて、不自由さからは解放されてはいません。

それでも、ゴルフへの復帰へのモチベーションは色褪せることなく。
時にゴルフ練習場で、左肩の可動域が許す「ハーフスイング」の範疇で練習を続けています。
もちろん、スイングの小さなアプローチもしかりです。

そんな状況下で、特にアプローチについては、最近練習場で随分と受傷による肩の拘縮の影響が少なくなってきていて、以前のイメージが戻りつつあることも感じており・・

この機会に近場の「ショートコース」を訪れてみることを決断しました。

そろそろ芝生の上でラウンド形式での練習もしてみたいですしね!


【当日のコース状況】
DVC00579.jpg



まず、結果は以下の通りでした。

Out 28 In 28 Total 56 
32P
パーオン8H

↓ホールバイホールはこんな感じです。

No1 63y △
No2 78y -
No3 85y -
No4 43y △
No5 52y △
No6 68y ○
No7 43y ○
No8 55y ○
No9 78y △

【Par27】 28(+1)

No10 53y -
No11 70y -
No12 56y -
No13 61y -
No14 36y -
No15 60y -
No16 52y -
No17 49y △
No18 46y -

【Par27】 28(+1)


今回訪れたショートコースは、比較的距離の長いホールも多くサンドウエッジのフルショットが必要となるケースも多いので、「PW」、「AW」、「SW」の3本セットでラウンドに臨みました。

なぜなら、このコースで少し距離のある部類の70ヤード前後のホールでは、現在受傷によってハーフスイングしかできない状況への対応で「PW」、「AW」のロフトが必要となるからです。

ラウンド前には、6か月ぶりのプレーでもあり、ハーフスイングでもあり、ショートコースと言えども10オーバー以上のプレーとなるだろうと予想していただけに「2オーバー」の結果には大満足でした!

特にアプローチについては、バンカーショット以外はある時期から定期的に練習をすることができていたので、その練習の成果を感じることができました。

やっぱりゴルフって楽しいですね。
久しぶりに真剣にピンを狙ってショットしたり、真剣にカップインを狙ってパットしたり、少し汗ばみながらコースを歩いたりできたことがとても嬉しかったです。

でも、はしゃぎ過ぎたせいか・・・翌日、翌々日・・・
ラウンド後の2日間は左肩の激しい痛みが復活して殆ど動かすことができなくなりました・・(涙)

焦りましたが、3日目に痛みが治まりはじめてほっとすることができました・・(汗)

やはり、ショートコースと言えども、ゴルフコースに行くと普段の練習以上に力が入るのでしょうね。

まだ、まだ無理は禁物だということがよく分かりましたが、精神的な改善効果は非常に大きいことも認識できましたので、定期的にラウンド練習を初めてみたいと思っています。

難しいことですが、次回はあまりスコアに固執して無理なスイングを行わないように、常にリラックスしたスイングで臨みたいものです・・(笑)


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
44位
アクセスランキングを見る>>