■第21回 日本シニアオープンゴルフ選手権の観戦 ~青木功プロの場合~

久しぶりにトーナメント観戦に行ってきました。
今回は、『第21回 日本シニアオープンゴルフ選手権』の観戦です!
そう、シニアのメジャー大会です。


20111031_01.jpg


早朝からコースに足を運んで、今回集中的にプレーを観戦したのは、青木功プロです。
過去からかなりのトーナメント観戦経験はあるのですが、青木プロだけは実際のプレーを拝見する機会がなかったので今回それが実現したわけです。

さて、その感想ですが、さすがに大スターです。
1番ティーグラウンドに現れると・・観客から拍手のお出迎えが・・。

また、スターティングのコール紹介でも、『1994年、1995年、1996年、1997年、2007年のウイナー』との紹介!
過去に4連覇、5勝の実績があるんですよね。

私も久しぶりに感動して・・心の中にジーンとするものがこみ上げてきました。
いやー、観戦に来てよかった・・って思いました。

何しろ、青木プロといえば、私が少年時代にゴルフに興味を持っていた時のスーパースターです。
AON・・青木、尾崎、中島。
私にとっては、全員が神のような方々・・・。

なので、想い入れも大きいんです!。

では、ラウンドに付いて周った感想ですが、一番は69歳にして全く衰えは感じなかったというもの。
飛距離なんて、明らかに私より飛んでいました。
弾道も他のプロよりも高く・・・ドライバーの正確性は素晴らしいものがありました。

特に感動したのは、やはりピンを狙うセカンドショットで、球筋を自在に打ち分けていたところです。
そして・・・全く変わらないパッティングスタイル!

そう、オリエンタルマジックと称された小技のその最たる技術。
青木プロのリストを中心としたパッティング技術です。

後ろから見ているとほとんど肩は動いていないのに・・ボールが転がり始めてカップインするのです。
今回改めて感じたのは、この非常に小さな動きだからこそ、逆に安定して正確なパターが打てるのではないかということです。
もちろん、青木プロならではの高等テクニックであるのはもちろんなのですが、他のシニアプロの多くが年齢とともにパッティングスタイルを変化させていっているのを見ると、そう感じずにはいられなかったのです。

全盛期と寸分も変わらぬパッティングスタイル。
今回、目の前見れて良かったです・・・!!

それから、シニアツアーならではの要所、要所でのリップサービス!
青木プロならではの楽しい自己分析を聞かせていただきました!

例えば、9番ホールはこのコースでも難易度トップクラスのパー4なのですが、
フェアウェイのティーショット落下地点から大きく右に傾斜しているので、ボールをフェアウェイに置くのが非常に難しいホールなのです。

このホールで、左サイドぎりぎりの完璧なラインにドライバーショットを打ち出した青木プロは・・打ち終わると大きな声で・・

『どうだ!・・完璧な打ち出しだろう!!』
『これならフェアウェイだ! ラフだったら・・しゃああんめい!』


青木プロの大声に・・もちろん、観客が大いに沸いてました・・(笑)
やっぱり青木プロって楽しいです。

観客との距離が近い・・(汗)

さて、そのショット結果ですが・・セカンド地点のボールは、バッチリ右フェアウェイぎりぎりのところに。
さすがプロの技だなって感心しました。

こんな風に久しぶりにとても充実したラウンド観戦ができました!
やっぱりシニアツアーって楽しいです!

是非、また観戦に行きたいですね!


↓ランキングにエントリーしてみました!ご協力いただければ幸いです!
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ


スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
44位
アクセスランキングを見る>>