■カシオワールドオープン2010  ・・ボールが動く・・・キム・キョンテ選手の場合~

先日のカシオワールドオープン、最終日の石川遼選手の追い上げは見事でしたね。
最後に、きっちりと見せ場となるプレーができるところが彼の凄いところだなぁと改めて感心しました。

さて、今回のカシオワールドオープンでは、またしてもルール問題が物議となったようです。
それは、3日目のキム・キョンテ選手の15番グリーン上でボールが動いたことについての見解です。

ホールアウト後にツアー側からの事情聴取があり、この時、彼としては珍しく怒りをあらわにしたとのことです。

私も、3日目の15番のシーンを放送で見ていましたが、パット直前にボールが動いたようですが、同伴競技者の田中秀道選手や、久保谷健一選手に違反のないことを確認し、彼らは「問題なし」と判断し、そのままプレーを続行していました。

TVを見ていた私自身の判断も、完全にアドレスには入っていなかったので問題ないのではないかと思いました。

しかし、ホールアウトしたあとにTVを見ていた視聴者から「動いた」と電話が大会本部へ問い合わせが入り、ツアー機構は改めて事実関係を確認したそうです。

ボールが動く原因を彼が作ったと判断されれば1罰打なのですが、VTRを確認しても原因は判断できず、彼も否定したそうです。
結局「問題なし」となりましたが、彼は気持ちが収まらず、聴取後はキャディーバッグを蹴りつけ、ロッカー室へ消えたとのことなのです。

彼らしくない行動ですよね・・・。

翌日の成績から、最終日のプレーに影響があったのでは?・・と伝えられていますが、いずれにしても後味の悪さが残りましたね。

もしかすると競技委員の言動の在り方に責任もあったのかもしれないですが、通報からの確認のために説明を受けるというのはいたしかたないのではないかと思います。
説明を求められたら堂々と同伴競技者から「ノーペナ」と判断されたと主張すればよいのだと思います。
マーカーが責任をもってそう判断したのなら文句をいわれる必要はないはずですよね。

それにしても温和そうに見えるキム・キョンテ選手がこれだけ神経質になったのは、今回のこと以外にも色々と伏線になるような出来事があったのかもしれないですね。

いずれにしても、このような問題は気にせず、また素晴らしいプレーを見せていただきたいと思います。

キム・キョンテ選手、石川遼選手、池田勇太選手。
来週の日本シリーズで、最後まで白熱した賞金王争いで多くのゴルフファンに夢を与えていただきたいです!

↓ランキングにエントリーしてみました!ご協力いただければ幸いです!
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
44位
アクセスランキングを見る>>