■ゴルフと和製英語について

 通常私たちがプレーするときに使っているゴルフ用語ですが、英語だと思って使っている言葉の中に実は多くの和製英語が使われています。

 私が始めにそのことに気がついたのは、15年くらい前に海外でラウンドを経験したときです。私に付いてくれたキャディーさんとの会話で、右や左に曲がることを表現する『スライス』とか『フック』という言葉を理解してもらえなかったのです。

 帰国後、調べてみると『スライス』は『 bend to right 』、『フック』については同様に『bend to left 』と英語表現する必要があることがわかりました。あまりにも日本で多用する言葉だけに驚きました。

 また、同じように向かい風の『アゲンスト』、追い風の『フォロー』なども英語圏では通用しないようです。特に風向きを独特の和製英語で表現する必要性は無いように感じます。向かい風、追い風で良いのではないでしょうか?そうすれば、海外で誤って表現することはないと思われます。

 少し極論かも知れませんが、日本のゴルファーが海外で不自由なくプレーできる環境を整えるためにも、できるだけそのまま英語圏で利用できるような用語を使用するように改善してはどうでしょうか?
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
43位
アクセスランキングを見る>>