■アイアンの長さを全て統一するとゴルフは易しくなるのか・・!?  ~ブライソン・デシャンボーのセッティングに学ぶ・・その2

前回の記事で取り上げた自称「ゴルフ科学者」ブライソン・デシャンボーのゴルフクラブのセッティングに関する考察。

彼のクラブは、彼自身が最も正確に安定したスイングを繰り返し続けることができると考える、ワンプレーンスイングを形成するスイング理論への対応のために、グリップを極太にし、大きくクラブのライ角度をアップライトにし、安定化のために長さの統一を図ったものではないかということを述べました。

理想と考えられるスイングプレーンにクラブを合わせる。

この点については、私個人的にも、現代のゴルフスイング理論は、アドレスでのシャフトプレーンとインパクト時のプレーンで異なるアングルが要求される点で、複雑なスイング理論となっているのではないかと考えていました。

よく、雑誌などで、後方からのアドレスに合わせて、アドレス時のシャフトプレーンとインパクト時の肩とボールを結んだプレーンを描いて、この範囲内にクラブを収めることを指摘していますよね。

これってもしかすると、歴史の中で与えられたゴルフクラブを使いこなすために考えられたスイングだからなのかもしれない・・・
ゴルフを科学するブライソン・デシャンボーの思想を細かく見ていくとそんな気持ちにさせられるから不思議です。

もしかすると、彼は数年後にはゴルフ界に革命を起こす存在となっているのかも・・、そんな気さえしてきました。

面白い。


さて、前回の記事のまとめの部分で、デシャンボーが考えるスイングへの対応への調整部分を除いて、現在の一般的なスイング理論で、細かいクラブの長さとライ角の影響を除いて、ゴルフスイングをよりシンプルにするためのクラブについて考えてみたいと。

そう、アイアンクラブを一種類のスイングで打てる利点を最大限に活かせるクラブセッティングについて考えてみたいと提案させて頂きました。

非常に面白そうなので、できれば、実際に作成してラウンドでの実体験をレポートしたいのですが、これは意外なほどに手の掛かるクラブチューンが必要になります・・(汗)

まず必要なのが、

アイアンヘッドの重量を全ての番手で統一すること

一般的なアイアンヘッドは番手間の重量差が7g前後でフローされていますので、シャフト長を選択した後に、バランスの取れる重量に前後の番手のヘッド重量を増減させるチューンが必要です。

例えば、以下の様な重量フローのアイアンヘッドの場合・・・、

♯3(243g)
♯4(250g)
♯5(257g)
♯6(264g)
♯7(271g)
♯8(278g)
♯9(285g)
♯P(294g)
♯S(301g)



デシャンボーのように6番アイアンの長さに合わせるのであれば、

3番アイアンのヘッドについては21gの重量を増やし、
SWのヘッドについては、37gもの重量を減らさなければなりません。

以下の、サイトでも、アイアンヘッドの写真を確認することができますが、ロングアイアンには、多くの鉛が貼り付けられていますし、ショートアイアンのヘッドにはドリルで穴開けがされ重量が削減されているのが確認できます。

http://www.golfwrx.com/308080/bryson-dechambeau-witb-2015/

これが、必要なんですよ。

ロングアイアンの鉛での重量アップはまだしも、ショートアイアンのヘッド重量をドリルで削るのは非常に大変。

私自身、過去何度かサンドウェッジのバランス調整でドリルの穴あけによる重量ダウンを図ったことがあるのですが、これが結構時間がかかるのです・・(汗)

経験してみると、意外なほどに、多少の穴あけで重量を削減することは難しいのです。

それに、実際に作ってみて自分には合わなかったってもとに戻すことは不可能だし・・。

また、よくよく、考えてみれば、キャビティーバックのアイアンだと7番アイアンや、8番アイアンは削りしろが残ってないですしね・・・(汗)

なので、やはり彼の活躍によって、市販モデルが設計されるのを期待するのが一番ではないかと・・(笑)

でも・・、

そうはいっても、統一された、長さとライ角のクラブが、実際にどんなイメージとなるのか。
1本くらい作成して経験してみたい気もしますよね・・(笑)

例えば、比較的作成しやすいと思われる9アイアンか、ピッチングウエッジを6番アイアンの長さで作ってみたら面白いかも?

特に興味あるのは、シャフトが長いウェッジでのアプローチです。
6番アイアンの長さだと転がしのイメージしか湧いてこないのは私だけでしょうか・・(笑)

ロブショットって、クラブを短く持っても難しいような・・(汗)


この点以外にも、統一されたシャフト長で、ヘッドスピードが一定となる中、飛距離の打ち分けをロフト角のフローによるボールの打ち出し角度のみを利用することで本当に上手くいくのか?
・・などなど・・

多くの疑問点がふつふつと湧きあがってきます。

やっぱり、体験してみたいですねぇ!


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■アイアンの長さを全て統一するとゴルフは易しくなるのか・・!?  ~ブライソン・デシャンボーのセッティングに学ぶ

最近、アイアンの長さがすべて同じだということで話題になっているプレーヤーといえば、自称「ゴルフ科学者」ブライソン・デシャンボーですよね。

彼は、番手ごとに長さとライ角度と重量がフローするクラブであるアイアンをロフト以外の全てのスペックを統一させた思想をもつクラブでプレーして素晴らしい結果を残しています。

その具体的なスペックについては、伝え聞くもので、3番アイアンに相当するロフト20度から,60度のウェッジまで,10本のアイアン全部の長さが37.5インチ。しかも、バランスはC8という手元重心。

37.5インチといえば、一般的な6番アイアン相当の長さになりますね。

ただ、このような考えでクラブ設計したプレーヤーが初めてかいうと、個人的に随分前にゴルフ雑誌で同様の考え方でクラブを統一して使用している日本人アマチュアプレーヤーの話を目にした記憶がありますので、(確か紹介したのはチョイス誌だったと記憶・・)全く初めてチャレンジしたプレーヤーではないと思います。

しかし、この記事をアップする頃にはプロとしてプレーをしているのでしょうから、プロゴルファーでは初めてとなるのでしょうね。

プロが使用するとなると非常に大きな影響力をもつでしょうから、市販される可能性も大ですね。
契約先(コブラ・・?)が、彼のアイアンを作成し、販売が決定したら是非、試打してみたいものです。


さて、ブライソン・デシャンボーの使用するセッティングを理解するために、以下のサイトから情報を頂きました。

【参考クラブスペック】
情報を記載したサイト: http://www.golfwrx.com/308080/bryson-dechambeau-witb-2015/

2015年6月9日現在(the FedEx St. Jude Classic)
•ドライバー:TaylorMade SLDR 430 / ロフト 10.5度 / シャフト Oban Kiyoshi Gold 65X (05 Flex) / 長さ 43インチ

•3W:TaylorMade SLDR / ロフト 15度 / シャフト Oban Kiyoshi Gold 75X (05 Flex)

•ドライビングアイアン:TaylorMade Tour Preferred UDI (2 iron) / シャフト Fujikura Motore Speeder 9.8X HB / 長さ 39.5インチ

•アイアン:Edel Cavity Back / ロフト 20度,26度,30度,34度,38度,42度,46度 / シャフト KBS Tour C-Taper 125 S+ / 長さ 37.5インチ / ライ角 69度 / バランス C8
•ウェッジ:Edel Cavity Back / ロフト 50度,55度,60度 / シャフト KBS Tour C-Taper 125 S+ / 長さ 37.5インチ / ライ角 69度 / バランス C8

•パター:Edel Torque Balanced (Custom) / グリップ SuperStroke Slim 3.0

•グリップ:Jumbo Maxx XL



2016041811.jpg


少し、古い情報ですので、現時点では、若干変更されている可能性もありますが、特殊な世界であるがゆえにそう大きく変更される可能性も低いのではないかと勝手に思っています。

また、その他、幾つかのネット上の記事から情報を入手したのですが、クラブの長さのことを触れる記事は多くても、ジャンボグリップのことを話題にしている記事については見かけなかったので、紹介しておきたいと思います。

↓これ

Jumbo Maxx XL


HPをご覧頂く事で理解頂けたと思いますが、デシャンボーのクラブは、そのグリップサイズも一般的なクラブスペックからかけ離れています。

それも、このメーカーのジャンボサイズグリップの中でラージサイズとなる “XL”を使用しているようなので凄い!

恐らく、私のようにグローブサイズが21cmという手のちいさなプレーヤーはベースボールグリップでしか握れないのではないのでしょうか・・・!?

しかも左手の親指は伸ばせないかも・・(汗)


それから、グリップ重量が通常の50gから、このジャンボサイズグリップでは100g前後と倍の重量になりますので、かなり手元荷重のクラブになっています。

多くの記事でバランスが“C8”だと紹介されているのは、このグリップ重量の影響でしょう。


そして、このグリップの採用と、伝説のボールストライカーである「モーノーマン」のようなワンプレーンスイングには密接な関係がありそうです。

彼のスイングは、アドレスで、手首とシャフトの間に角度をつけずに、インパクト時のプレーン角度にあわせてセットし、テックバックからインパクトまでそのプレーン上をなぞってスイングされています。

その独自のスイングに合わせた手首に角度を作らない握り方にジャンボグリップの太さがマッチするのでしょう。

当然ですが、そのようなアドレスをするためには、クラブのライ角度も変更しなければなりません。

彼の使用するすべてのアイアンのライ角は【69度】にセッティングされることでワンプレーンスイングを実現しているようです。(上記クラブスペック参照)

なんと・・!  通常のサンドウエッジよりも5度以上もアップライトに調整されているのです!
一般的なアイアンからすると、規格外の超アップライトなセッティングなんですね。

こうやって、ブライソン・デシャンボーのクラブセッティングを細かく見ていくと、興味本位で気軽に使ってみたいって気持ちで同様のアイアンに変更をすることは難しいのではないかということが予想されます。

彼は自分自身が目指すスイングのために、逆にクラブの方をマッチングさせたのでしょう。

でも・・・、

ゴルフスイングをよりシンプルにするため。

一般的なスイングに合うスペックのもとにを同様の観点で調アイアン整してみることも面白そうです。
彼の以下のインタビューにあるようにプレーンと体の動きをアイアンで統一できればゴルフスイングがシンプルになりますよね。

「ウエッジと3番アイアンでは、プレーンも違いますし、体の動きも違います。それが嫌なので、アイアンはすべて同じ長さにしました」  ・・デシャンボーへのインタビュー記事より


その場合、通常のグリップを使用してライ角度をデシャンボーよりもよりフラットに調整したものを作成すれば、一般的なスイングで使用が可能となりそうです。


そのように、一般的な設計思想で作成を考える場合に注意すべき点は・・!?

次回、考えてみたいと思います。


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■これからの時代のアイアンロフト表示って・・・!?   番手表示の意味が失われている?

毎年のようにニューモデルとして発表されるアイアンをチェックしていて感じるのは、設定ロフトと、ロフトピッチの関係がすでにストロングロフト設定の上限に達し始めているのではないかということです。

2015年の最新モデルでは、いよいよプロモデルアイアンのカテゴリでもミドルアイアンからショートアイアンが国産のモデルを中心に1度から2度程度ストロング化されている傾向が進んでいました。

それにつれて、ロフトピッチがミドルアイアンで「3度」、ショートアイアンで「5度」前後といびつな設定になりつつあります。

このような設定ともなると、番手間の距離感がショートアイアンほど開くようなセッティングとなってきているので、短めの距離のセカンドショットで距離合わせが難しくなってきます。

また、特に飛距離重視のアベレージモデルでは、5番アイアンが24度、PWが44度程度までストロング化され、この影響でロングアイアンのロフトピッチが以下のようにわずかに「2度」になっちゃっています・・(汗)

3番・・20度
4番・・22度
5番・・24度


上記のようなロフトピッチで、番手間のしっかりとした距離の差を表現できるとは考えにくいですよね。
恐らく、5番アイアン以上の使用は考えなくてもよいようなユーザーをターゲットとしているので、このような設定になっているのだと思います。

しかも、これらの影響で最近では単品ウエッジに46度や、48度などの40度代のものが出始めています。

結局、これらが以前のPWと呼ばれるクラブの役目をすることになるということなのでしょう。

PWといえば、私がゴルフを始めたころは50度、10年前くらいまでは48度が基本でした。
まあ、昔はネックを短く設計できなかった弊害で重心位置が高くなっていたこともあって、ロフトが寝ていた訳なのですが、さすがにこの10年間で、番手1つ分となる4度以上もストロング化したのはやりすぎでしょうね。


それに、このようなストロング化の状況にも限界がきているのではないでしょうか?
さすがにPWの設定を40度とするような設定にしてしまうと、そのしわ寄せがいく6番アイアンでさえ打ちづらくなり、今度は5番アイアンが消えていきそうですものね・・(汗)

そもそも・・・物事の基本から考えると1番の存在があっての5番だと思うし・・(笑)
今からゴルフを始める方々は、ウッドは1番からスタートするのに、なんでアイアンが5番から始まっているのかなって不思議に思うのではないですかね?

さて、このような状況を改善するにはどうしたらよいのか?

個人的に考えたのは、アイアンに「番手」を表示するのではなく、「ロフト」を表示すればいいのではないかということです。

「27度」で行くか!

みたいに。

そうすれば、まずロフトピッチは均等になるのではないかな。

でも、いつもゴルフばっかりやっているようなプレーヤはいいですが、
たまにしかやらない方々は、覚えるのが面倒ですよねぇ・・・(汗)

さて、どうしたものか・・・。

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村





テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■2014年のゴルフギア達・・・ ある意味安定期への突入となるのか・・!?

先日の「セガサミーカップ」の決勝、久しぶりに石川遼プロの勇士を瞳の奥に焼き付けることができましたね!
特に最終日は、彼らしい攻撃的なプレーでの逆転優勝!
私も久しぶりにゴルフ中継を見ていて熱い気持ちを感じることができました。

この高ぶる想いを、自分自身のゴルフに振り向けて、これからの後半戦を乗り切っていきたいものです。

さて、実はこのゴルフ中継の最中に私の方は、ここ数年取り組んでいる生涯学習の取組みである資格試験にチャレンジしていました。
今回は国家試験でもある「知的財産管理技能検定試験」です。

これ→http://www.kentei-info-ip-edu.org/

知的財産管理の学習は、今回初めてなので、まずは3級試験からトライしました。
最初は導入のクラスだから・・なんて考えていましたが、これがどうして・・
試験も「学科試験」と「実技試験」の二つに分けられていて、意外にも細かい知識が問われるものでした。

と、いうことで直近の6月は、毎日必ず2時間程度の時間をさいて学習に取り組んできました。
そのかいもあって、今回の試験を終えての感想は、個人的ににはまずまずの出来だったと実感しています。
まずは8月の合格発表を楽しみに待ちたいです。

そして、合格していたら、次のクラスである2級試験にチャレンジしたいと思っているところです。

こうやって、目標を持って学習する取組みについては、その努力の期間を振り返ってみれば、充実の時間だったと思えるのですが、その最中にはそんな気持ちにはなかなかなれないもので・・(汗)
やはり試験が終わった瞬間には、例えようの無いような開放感を感じることができます・・(笑)

なので、先日も試験が終了した午後2時からは、とても開放的な気持ちになって、私にとっては最も楽しいゴルフショップ巡りへと旅立っていきました・・(笑)

久しぶりに街の大きなゴルフショップを数多く巡って感じたのは、ここ最近ゴルフギアの開発が安定期に入ってきたなってことでした。

ドライバーの高反発規制や、ヘッド体積、慣性モーメント値、長さの規制が実施されて以降、海外のブランドを中心とした「ロフト、ライ角、フェース角、重心位置調整、長さ調整」などを手軽に実施できるクラブ開発が盛んになっていましたが、最新のモデルをみると落着きの傾向が見られますよね。

業界をけん引してきたテーラーメイドも、今現在は重心深度の浅いヘッドに大きなロフト角の組合せが目下のテーマ。
最新モデルのSLDR-Sでは、レールによる前後重心位置調整だけで、ネックは固定式です。

ただ、個人的には、重心深度の浅いドライバーはドロップしてしまうタイプなので、LOFT UPでどのような球筋へと変化するのか興味があるとところではあります。

その他、アイアンについては、各社4タイプ程度のヘッドのデザインを微妙に変化させながらモデルチェンジを繰り返してきているといった状況で、機能的に大きく注目させられるようなモデルは見当たりませんでした。

そんな中で、一昨年あたりから最も話題となっていたのがフェアウェイウッドでした。
聞くところによると、浅い重心深度設計で飛距離重視を謳ったフェアウェイウッドのモデルは過去最高の売れ行きを示したというのですから驚きです。

特に、キャロウェイの「X HOT」はあれだけ人気のあった同社の「スチールヘッド」などの名器と呼ばれるモデルの販売台数を抜いたと言うのですから驚きです。

まさにここ2年くらいはフェアウェイウッドが大きく動いた期間だったと言えそうですね。
ただ、直近では、これらのメーカーのフェアウェイウッド達も、少しずつ設計がマイルドな方向に向かって変化してきているようです。
初代ほど、プレーヤ-を選ぶような抜きん出た特徴は無くなってきているように個人的には感じています。

この点は、私のようなタイプのプレーヤ-にとってはいい傾向なのですが、メーカーの立場に立って今後の話題性の提供・・といったサイドから考えると、やはり落着き始めたカテゴリとなっていきそうに感じています。

そして、最も落着きを感じるのがパターの世界。

矢継ぎ早に、新製品が繰り出されていた「ネオマレット」の世界に落着きが見られるようになってきました。
主要各社のモデルラインナップを見ても、大きく話題性のある新製品は無く、過去から安定して販売を続けてきたモデルをマイナーチェンジしているメーカーが多いようです。

今回、ゆっくりとゴルフショップを巡ってみて、ここ15年くらいかけて大きく揺れ動いてきたゴルフギア開発も、最近になって落着きを見せてきたように感じました。

これは、ある意味安定したプレーを続けていきたいプレーヤーにとっては良い傾向であるようにも感じています。

何故なら、多くのプレーヤ-は、ボールを可能なかぎり遠くに真っすぐに打てるようになりたいと思っていて、その気持ちを大きく揺るがすような新設計のゴルフギアにその夢を託しているからです。

ここ最近では、メーカーの開発スパンが非常に短くなってきていて、且つ、大きく変化する性能を持ったモデルがつぎつぎと導入され続けてきたので、アマチュアのプレーヤー達は慣れる・・という部分で大変だったのではないかなって思うんですよね。

このあたりでちょっと落ち着いて、それらのモデルを集中して練習する時間をとってもいいのではないかなって思う今日この頃なのです。

まあ、これは自分自身への問いかけなのですけどね・・(汗)
(やっぱり、浅い重心は苦手ですねぇ・・・)


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村





■シャフト内ウエートの存在  ・・・見えない調整の影響とは・!?  クラブデザイナー喜多和生氏のコラムより

先日、日経ネットのゴルフ関連記事【スコアアップ工房】を見ていて、とても共感できる内容のコラムを発見しました。

こちら⇒http://www.nikkei.com/article/DGXZZO56073310R10C13A6000000/?dg=1


上記の記事を読んで驚いた方もいらっしゃるかも知れませんね。
実際に我々が感じている以上に、クラブ製作過程で生じる重量誤差ってあるのです。

私の場合は、アイアンには純正品でなく「アフターマーケット」のシャフトを使用していることもあって、これまでに数多くのアイアンヘッドを抜き差ししてきました。

その経験からも、今回の喜多和生氏の言わんとすることは十分に注意すべきことだと感じています。

やはり、メーカーは最終的にネック内でウエート調整することで全体のクラブバランスを合わせこもうとするので、基本的に軽めに仕上がってしまう。よって、最悪の重量誤差はプラス方向には絶対に振れず『大幅に軽いもの』となってしまう。
実際、私の過去の経験でも、時々ものすごく重いウエートが出てくることがありました。
(記事のように10g近いウエートを何度か目にしています)

私の場合はずいぶん前からその対策で、アイアンセットは必ずリシャフトして使い、リシャフト後のバランス調整は全てヘッドに鉛を張り付けることで実施しています。
ネック内では無く、ヘッドの背面に鉛を貼って調整することで過度な重心の移動を避けるわけです。
なので、いつの時代も私のアイアンヘッドは鉛だらけです・・(笑)

しかし、私のようなクラブ調整を自らできるプレーヤ-はまれでしょうから、このようなヘッドが不幸にも交じっていた場合は、重心距離がばらつくクラブを知らずに使用し続けることなってしまいます。
安定したスイングを持つスクラッチプレーヤ-ならば、気づけるかもしれませんが、アベレージプレーヤ-では、自分の技術を疑ってしまいがちです。

運が悪かったと言ってしまえばそれまでですが、リシャフトでもしない限りはその状況すら気が付かないのですからたちが悪い・・。

やはり、クラブの中でこの番手だけ、おかしい・・・と感じたらヘッドを抜いてみる。
謙虚に自分の腕のせいだ・・と決めつけないで、思い切って確認して見る事が重要だと思います。

それ以外には、この問題には対処のしようが無いのです・・。
少し切ない問題ですね・・。



PS. 余談ですが、この件で一度面白い経験をしたことがあります。ずっと以前にかなり気に入って長く使い続けていたアイアン型UT(4番アイアン相当のもの)がありました。
特に問題はなかったのですが、新製品のアイアン型UT用シャフトをどうしても試してみたくてリシャフトに踏み切ったことがあったのです。
そうしたら、そのクラブのネックからとても大きなウエートが出てきたのです。当然、自身の方針にしたがって、その重量調整分は、リシャフト後にヘッド背面に鉛を張り付けることで対応しました。

すると、どうでしょう!?
全く打てなくなってしまったのです。

普通このケースで問題点を判断するとすれば、シャフトの特性が合わなかったというもの・・・。
当時、私もそう考えて、泣く泣く元通りに戻したのですが・・そう!  結果はご想像の通りです。

それでも、元通りの状態には戻らなかったのです!

この場合ネック内の重量調整が、大きく重心距離を短くしてしまっていた。
でも、このケースでは、それが、私にとって偶然にもプラスに働いていたのです。(その調整の影響が、5番アイアン以下の他のアイアンと重心が一致する方向に働いていたのですね)

こんなこともある・・というか、これくらい大きな影響があるのです。


■今日の活動
・アプローチ・バンカー・パッティング練習場  2時間
・受験対策『情報セキュリティー管理士認定試験公式テキスト』

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村





テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>