■新生Titlest(タイトリスト)AP2のラウンド報告【ROMBAX(ランバックス)7E06 仕様】

この週末に、遼は、所属コース月例会に参加してきました。

予報は全国的に雨模様だったのですが、こちらの地方では一日を通して曇りの天気でした。
気温がかなり低めだったので、雨が降った場合、相当厳しいラウンドとなることを覚悟していたのですが、最悪の状態はまぬがれました!
さすがに、今年に入ってからのラウンドが全て雨だったので、神様もお情けをかけてくれたのかも・・(笑

月例の結果は、フロントナインが40、バックナインが41トータル82でした。
バックティーからのラウンドにもかかわらず、フェアウエイが雨でぬかるんでいて、ティーショットのランがなく、セカンドショットの距離が残る厳しいラウンドとなりました。

さて、これまで取組んできたクラブの評価の方ですが・・(URL:http://golfgeardiary.blog63.fc2.com/blog-entry-91.html)
やはり、アイアンの距離感に苦労しました。
一番の影響が出たのが、唯一の大たたきとなった8番のショートホールでのこと・・・179y表示のショートホールなのですが、先日はティーマークが少し前に配置され、ピン位置も若干手前だったので、165y強と判断して6番アイアンを選択しました。
気持ちよく振り切れたアイアンショットは、ダイレクトでグリーンをオーバーして奥のガードバンカーへ・・(汗
このコースへはメンバーとなってから13年間、足げに通っていて、距離は完全に理解していますので、このような事は始めての経験です。やはり、シャフトの効果だと認めざるを得ないようです。

ましてや、このショートホールは池越えで奥のバンカーに入れるのはNGなのです。
結果はやはり・・奥のバンカーの奥のあごにボールがついている状態からの無理なショットが、グリーンオーバーで池に・・・(涙
打ち直しもあわや池・・・(汗
・・・・パー3で7点になってしまいました。。。

このラウンドで、カーボンシャフトに変更したアイアンの飛距離が確認できました。
やはり5ヤード前後、飛距離が伸びているようでした。

ミドルホールでのセカンドショットもいくつかピンの上につくことがありましたので、アイアンが全体的に飛距離アップしているようです。
特に、弾道が高くなったことによって、ロングアイアンほど飛距離が伸びているように感じました。

これからのシーズンに向けて、早くアイアンの距離感に慣れるようにしなければならないようです。
そのためには、しっかりとラウンドをこなす必要がありそうです・・(笑

早速ですが、3月24日に、こちらの地方の県ゴルフ協会主催で開催される『知事杯 県民ゴルフ選手権大会 予選』にエントリーしましたので、それまでにしっかりと自分のものにしたいと思います!


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■ 新生Titlest(タイトリスト)AP2のコースデビュー

これまで、1ヶ月半程度の時間をかけて、情報収集検討シャフト試打リシャフト作業完成品試打・・と進めてきましたが、いよいよ最終プロセスの実践でのシャフト検証に取り掛かります。

・・・という訳で、急遽ですが、ラウンドに行ってきました・・(笑
どうしても早く試して見たかったものですから・・(汗

それに、来週は久しぶりのホームコースの月例会なので、その前に実践での検証を済ませておきたかったというのが本音です(笑

やはり、予報の通りで今日の天候は、朝からかなりの雨量でスタート時間にはすでに、コース上のあちこちにカジュアルウオーターができていました。

【スタート前の風景】
ame.jpg
〔グリーン周りにすでに水溜りが・・・〕

さて、ラウンドの結果ですが、OUT 38,IN 4280点でした。
カジュアルウオーターが多い状況ではまずまず・・かな・・(汗

今回は、新しいアイアンシャフトの検証がメインなので、その結果について感想を下記します。

まず、ラウンド中に最も変化を感じたのは、ショートアイアンでのターフが少し深くなったことです。ヘッド側にふられた、シャフトバランスの影響だと思うのですが、厚めのインパクトになる傾向が見られました。
それから、ショートホールでのティーショットに使った場合に4ホール中、2ホールでピンをオーバーしてしまいました。
まだまだ、検証のサンプルが少ないので、はっきりしたことは言えませんが、シャフト交換の影響で少し飛距離アップが見られるかも知れません。
来週は、ホームコースの月例会ですので、この点はそこで改めて検証してみたいと思います。

さて、ラウンド中に感じた重量感はどうかといいますと、カーボンシャフトになってあきらかに軽量になったというのは感じられません。あまり変わらないというのが感想です。(0.5インチですが、長尺化があるので当然なのかもしれませんね)
逆にいえば、そのために、これまでの自分自身のスイングでタイミング調整などせず、そのまま使用することができている・・・ともいえます。

今回、シャフト変更の目的の一つに『軽量化による負荷の軽減』もあったのですが、この点はあまり効果が見込めなかったようです。
ただ、まだ、サンプル不足ですが、僅かながら飛距離のアップが見込めるようなので、強振しなくとも距離が出る・・・このように考えれば、負荷軽減されたと見ることができるかもしれませんね。

さて、最終的な結果としては、概ね良好だったと結論付けてよいと思います。
当面は、このアイアンの仕様でラウンドを重ね、少しずつ微調整を加えていきたいと思います。


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■ 新生Titlest(タイトリスト)AP2の試打 【ROMBAX(ランバックス)7E06 仕様】

今日は、早めに仕事を切り上げて練習に行ってきました。
もちろん、新生Titlest(タイトリスト)AP2の試打のためです!

本当に朝からそわそわして、落ち着かない一日でした・・・(笑
退勤時間のベルが鳴ると同時に、会社の門を飛び出して、練習場に猛ダッシュです。

さて、練習場での一振り・・その感想は・・・?

第一印象は・・・あれっ!・・・意外に重い!?・・・です(汗
いや、正確には、重くはないのですが、軽くなるはずと期待したレベルではない・・・といったところでしょうか? 実際には少し軽くなっていると思うのですが・・

そんな所に、ちょうど、友人が練習にやってきたので、試打してもらっての感想を聞いてみました。
彼は『ダイナミックゴールド』一筋で、使用暦が十数年なので、重量感については良い意見が聞けそうです。

素振りを2、3回繰り返して、彼は一言・・・「結構重いね」
「えー!そんなことないでしょ。70g台よ。」と、なぜか慌てる遼・・(汗
「まあ、実際打ってみてよ・・」

さて、1球、2球・・・・10球・・と彼は、無言で打ち始めます。
はたしてその感想は・・!?

「うーん。やっぱりカーボンは、フィーリングが全く違うね。」・・と彼。
「打感が違う・・柔らかい感じ・・」・・「それから、少し球筋が高くなるみたい・・・でもいいね。すぐにでも使えそう。」

・・えっ、すぐに!?・・(汗
ハードヒッターの彼にして『すぐにでも使えそう』・・・ですか?・・


・・やっぱり0.5インチアップのD3は失敗かな?
グリップを抜いて、シャフトカットかな・・(涙

・・・と思いを巡らせながら、焦って、自分の打席に戻り再び打ち始める遼・・・
確かに、これまでの『プロジェクトX』からのチェンジでも、タイミング的には大きな違和感はないようです。
それは、あまり重量感が変わらないからかもしれません。
期待した軽さほどではないが、大きく重量感は変化してない・・・

『重量感』という言葉をしきりと使っていますが、重量自体は実際には40gも軽くなっているからです。
ちなみにクラブを反対にして、ヘッド側をもってスイングすると、スチールシャフトとは別世界の軽さです!
とても軽いのです。当然、クラブ全体の重量は軽くなっていますから、キャディーバックも40g×6本=240g軽くなっています。
これまで、時間をかけて、試打を繰り返した訳は、アイアン用カーボンシャフトのこのような特性からなのです。

しかし、冷静になって重量感以外の部分に目を移すと良い点が見えてきました。
まず、弾道が高くなりました。
5番アイアンが打ちやすくなっています。これはとてもありがたいことです。
そして、打感が柔らかく、振動の伝わりも少なくなっている・・・これも意図した通り。
目的の2/3はクリアしているようです。

後は、あまり変わらない重量感に対してどのように対処するか?
一晩じっくり考えます・・・・というか、ラウンドが必要!

最終的には、やっぱりラウンドで確認して見ないことに、最終的な結論付けはできないですしね!


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■ リシャフト開始~⑤完成!  【アイアン用カーボン ROMBAX [ランバックス] 7E06 Sフレックス】

さて、いよいよ完成に近づいてきました。

次のプロセスである、ヘッドとシャフトの接着については、先日の夜に作業を実施しました。
接着はエポキシ系の接着剤を使います。
2液を混合して使うタイプで、それぞれが1対1の量になるように、はかりで重さを計量の後に混ぜ合わせます

【エポキシ系接着剤】
接着剤A


ヘッドとシャフトの接着時に、グラスビーズを接着面に塗してから挿入します。
これは、シャフト挿入方向の偏りの防止と、接着面の接着剤が均一になることによって接着強度の向上の目的を両立してくれる優れものです。

【グラスビーズ】
ビーズA

【ヘッド挿入完成品】
ヘッドあっぷ2A


・・・と、ここまでは先日に作業を終え、接着時間の10時間を越えていますので、今日は、次のプロセスであるグリップ装着に取り掛かります。
まず、下巻きの両面テープを貼り付けます。

遼は、クラフトマン時代の師匠の教えから、写真のような「らせん状」に巻いていますが、縦方向にストレートでも構いません。
最近では、ストレート用に幅の広い両面テープも販売されています。

【らせん状巻き】
らせんA

【ストレート使用専用 両面テープ】
テープA


ここで、グリップの太さにこだわりがある場合は、下巻きテープの回数を増やして太さを調整できます。プロゴルファーは太めを好む場合が多く、7回巻き?を好むプロもいるとのことです。
遼は、左手側を少し太く、右手側を少し細めにといったわがままなグリップが好みなので、両面テープの下巻きではなく、グリップ挿入時のゴムの引き伸ばしといった裏技で対応しています。

あと、左手側のみ開いて(スライスグリップ)右手側は少しフックにねじった状態で挿入しています。

【ホワイトガソリンを塗布しグリップを挿入】
グリップ挿入A


さあ、6本のグリップ挿入が完了しました!
速乾の溶液を使用していませんので、乾くまで1日程度かかります。

【グリップ挿入完了!】
GURIPPU A

残りはネックセルとヘッドの挿入部の段差の調整と、ネックセルの磨きで完了です。
今回は、私物ですので省略です・・早く打ちたいので(笑

・・というわけで、完成しました!・・・1週間かかりましたね!

【完成品(5I~PW)】
完成品ロング7A

完成品アップA

さあ、試打に行くのが今から楽しみです!

↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■ リシャフト開始~④  【アイアン用カーボン ROMBAX [ランバックス] 7E06 Sフレックス】

さて、週末に入ってから少し忙しくなり作業が止まっていました。

ゴルフのシーズンインも迫ってきましたので、アイアンのカーボンシャフトへのリシャフト(シャフト交換)について急ピッチで作業を進めていきます!

前回お伝えしましたように、ヘッドとシャフトの挿入口の問題も解決しましたので、つぎはネックセルの挿入です。

【アイアン用ネックセル】
セル1

挿入には専用の工具を使用します。
これ↓

【ソケットハンディーツール】
セル時具 


【挿入時(この状態でハンマーで叩き込みます)】

挿入写真1


こんな感じです。

【ネックセル挿入後写真】
挿入1

そして、次に、シャフトの長さ調整です。
今回は5I38インチあわせで設計していますので・・
これ↓ ・・を利用してシャフトにマーキングを入れます。

【ゴルフクラブ用のメジャー(インチ表示)48インチ アルミルーラー
さし1

ショップであれば、ここで電動カッターの登場なのですが、しがない個人リペアの世界では・・
これです↓

【普通の金ノコです・・(笑】
のこ1


物を切るための基本工具ですが・・やっぱり辛いですね・・・(笑
・・実際、アイアンのリシャフトは本数が多くて大変です(汗
これからがんばりまーす。

《・・作業中・・・》


・・・1時間経過・・シャフトカット完了です!・・・ふう・・

そして、各番手のシャフトにヘッドを仮挿入してバランスの確認を行います。
バランスを確認するときには、このようにダミーのグリップを挿入して測定します。

【ダミーグリップ(使い古しをカットしたもの)を挿入】
仮グリップ1

【バランサーでバランスの確認】
バランサー1


・・なんと、D3の表示になりました。

D31


やはり、メーカーサイドが、スチールシャフトからのリシャフトでそのまま、同じバランスが出るようにあわせ込んで設計しているようです。
よって、当初、考えていた『番手ずらし』(5番のヘッドに4番用シャフト挿入など)での装着は無理のようですね。

本来、バランスは、アイアンそれぞれの番手ごとに、スイングした時の重量感をあわせるのが目的なので、あまり数値自体に細かくこだわる必要はないのですが、最近のアイアン用カーボンシャフトについては、試打レポートでも報告しましたように、実際の重量と、スイングした時の重量感に大きな差があるために、この数値も、スチールアイアン相当で見ておく必要があると思います。

よってD3のバランスは、重く感じる可能性が大きいですね。

やはり、最近のアイアン用カーボンシャフトに、軽量化のメリットを求めるのは難しいです。
重量では、現在使用しているシャフトの115gと比較すれば・・・115g―74g=41g・・・
これだけ違えばさぞかし軽量だろう・・と思うのが当たり前なのですが、重量感はこの数値通りにならないわけですから・・・

しばし悩んで・・・とりあえず、この状態で進行を決定しました。
完成後に試打をして、振り切れない重さであった場合は、別途対応を検討する方向とします。


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村








テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
422位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
38位
アクセスランキングを見る>>