■2017年度 練習場協会アマチュアゴルフ選手権チャンピョン大会に向けて ~地区大会の結果報告!!~

先週末は、2017年10月に開催される『練習場協会アマチュアゴルフ選手権チャンピョン大会』へとつながる「練習場協会ゴルフ選手権 地区大会」へと参戦してきました。

この大会は地元の練習場協会が主催の大会で、以前4月に開催された大会の上位60名と、今回2つの地区で開催される大会のそれぞれ上位30名に、秋に開催されるチャンピョン大会への参加資格が与えられるいわば予選会なのです。

と、いうことで、今大会の参加総数176名中の、上位30名が10月に開催される「年間チャンピョン大会」に出場できます。
もちろん出場者の多くはこの枠を目指して戦っています。

私は大好きな夏の大会ですので、個人的にはより上位での予選突破を目標に参戦しました。

但し、この大会の昨年の予選通過ラインは77ストトーク。
そう、夏が好きなのは私だけではないんですねぇ・・(汗)

この日も、朝一番ゴルフ場全体から伝わってくる試合ムードに、ドキドキ、わくわくしながらスタートの準備に入りました・・(笑)
 
今大会でもいつも通りにスタート前には競技委員から注意事項の説明と、スコアカードの配布がありました。
この瞬間にいつも、ぐっと緊張感が高まってくるんですよね!



【早朝のコース】
20130727_01.jpg



さて、スタートホールはアウトスタート1番のパー4から。
緊張のティーショットは、軽いドローボールでフェアウェイ左サイドをキープできました。
この時点でほっと一息。

しかし、セカンド地点に行くと・・・ボールが見つからない・・・!?
我々のグループは3名なのですが・・ボールが2個だけ・・。

なぜ? 

焦って明に探す私・・。

で、探し始めてから4分後くらいに、一か所存在したとてつもなく深いラフから見つかりました・・(汗)
(見つけてくれた同伴競技者のHさんありがとう!)

ただ、これがラッキーなことに、ストロークにおいて、障害となる樹木の支柱に絡んでいたので、少しだけましなライにドロップが可能となりました。

で、そこからのショットはお約束通り、グリーンを捉えることはできず、寄らず入らずのボギースタートとなったというわです。

ちょっと、心の動揺もあったのですが、まあ、ロストボールを免れたのはラッキーでした!


続く2番ホールは比較的このコースではやさしめのパー3です。
ここは順当にパーオンさせて、2.5mの下りのパットを決めきれずにバーディー逃がしのパー。

そして、迎えた3番のパー4は320ヤードで大きく打ち下ろす特徴的なホール。
ここでは、5Wを選択し、成功してフェアウェイ真ん中の好位置をキープ。
セカンドショットは僅かに55ヤードの打ち上げ。ただし、強い左足下がり・・。
ここで、SWを選択したセカンドショットがピンに重なって飛んでいきました。
グリーンまで行ってみると1.5mのバーディーチャンス!
これを、慎重かつ強めのタッチを意識して打っていきました。
が・・・、僅かにラインを読み違えてパー。

それでも、スタートホールで味わった焦りも落ち着てきて、良いプレーに舵を切ることができました!

この流れから、次のホールでは会心のドライバーショットと、会心の5Wのショットをつないで、パー5を2オンさせることに成功し、イーグル逃がしのバーディーをゲットすることができました!

その後もショット、パットとも大きなミスなくつなぐゴルフで前半をパープレーとなる36ストロークでターンすることになりました。

個人的に予選カットラインを76ストロークにおいていましたので、4打の余裕ができた状況。

まずは、落ち着いて食事を楽しむことにしました。
ハーフターンの休憩は45分。
今回は、食堂でゆっくりと同伴競技者と食事をしながら楽しいゴルフ話に花を咲かせました・・(笑)


さて、後半のインコースは、530ヤードのパー5からです。

まず、ティーショットは、軽いプッシュアウトで右のラフに。セカンドショットは右の池に対して引っ掛けの無い様に刻むことを求められるシチュエーションとなりました。
しかし・・、つま先上がりのライを意識しすぎて、逆に右方向にプッシュしてしまいまたもや深いラフに・・。

ただ、このサードショットは、上手くグリーンを捉えて、ここはパーでクリアできました。

ただ、少し、ショットがプッシュアウトし始めたことが気になる・・。
そんな事を考えていたところ、12番パー4でドライバーをおもいっきりトップさせてしまい、僅かに50ヤード飛んだだけの大ミスをしてしまいました・・(涙)

何とか、ここからのショットをグリーン周辺まで運んで、寄せワンには成功したのですが、ティーショットの不安は増すばかりで、この後次のホールで3パットのボギー、15番ホールでもドライバーを大きくミスってボギーにしてしまいました。

後半に入って大きくショットの安定を欠くプレーが続くなかで迎えた、16番のパー3。
普段であれば、特に緊張もしない、打ちおろしで9Iを選択するホールです。

しかし、この日はここまでのプレーから、肩に異常に力が入ってしまったか・・、
ボールが大きく右に飛び出すシャンクとなってしまったのです!!!

ボールは無常にもOBラインを超えてしまいました。
打ち直しは何とかグリーンを捉えて2パットで納めることができたものの、ここをダブルボギーとしてしまい、自らが目標とする予選カットラインへのチャレンジが目の前にかざされることになりました。

流れが悪い・・・。

残り2ホール、パープレーで乗り切れるか・・!?

さて、この後このコースの中で、個人的に最も苦手とする17番ホールでも滅多に上手くいくことのない、非常に狭いフェアウェイを捉えることに成功!
ここは、ベストポジションとなる残り120ヤード前後の平らなエリアが15平米くらいの難しいホール。
左に飛びすぎればOB。右に行けばグリーンが狙えないという非常に難しいホールなのです。
しかも・・、セカンドショットが谷越で且つ左サイドがOB、しかもグリーンが奥に下っているのです。
普段のプレーで、グリーンに直接オンさせてしまうとグリーン奥にこぼれていることが多いホール。

そう、セカンドショットも難易度が高い。
しかし、この時点で好調の私は、右サイドからドローでグリーン手前のカラーを目標に果敢な攻めを決断。
少し飛距離が出てグリーンに直接乗ってしまったのですが、グリーンの影響でその場に止まっていました。

カップまで10m少しのバーディーチャンス。
ただし、このパットは少しうち切れずにカップの手前で止まってしまいました。

それでも、このホールが大の苦手である私としては大満足です。

この流れで、少しに気分を良くしたのですが、続く最終ホールでもグリーンを外したアプローチショットを2.5mショート。

ここまで後半4オーバー。
これを沈めることができれば、個人的に想定した予選通過ラインの76ストロークです。

最後の力を振り絞って、少し時間をかけてラインを読みました。

読み切ったと判断したラインは2カップのフックライン。
そのパーパットを一か八かの強気のストロークで決めてパーで上がることができました!!!



精根尽き果てた状態で、アテスト会場へ。
そこで得た情報は、人数枠では76ストロークもしくは、77ストロークまでが予選通過ではないかということ。

やはり、事前の想定通りでした。

これは、翌日に発表とのことで、運を天に任せて一日待つことになりました。

もう、ふらふらの状態だったので・・・
まずは、早々に腹ごしらえに行くことが優先でした(汗)

で、待つこと一日。
翌日の午後発表となった最終順位を確認すると・・・おぉ~、21位ではないですか・・!?
それも、スコア77のカウントバックでの30人絞りなので、もう一打多かった場合は、予選通過も危ぶまれるところでした・・(汗)

何とか通過の30人枠に入ることができました。
ここまできたら、やっぱり行きたいですよね。

これで、昨年に引き続いて『練習場協会アマチュアゴルフ選手権チャンピョン大会』への切符を手にすることができました。

本年度は、春先からゴルフの調子があがらず、数々の競技で予選落ちとなっていましたので、非常にうれしい。

さっそく、この大会開催の秋口向けてゴルフの調子を整えていきたいと思います。



さて、最後に今回の最終結果を記載しラウンド報告を終了します。


out36 in40 Total 76 
31P
パーオン12H

↓ホールバイホールはこんな感じです。
out ---△〇--- +0
in  --△--△□―― +4



【競技成績】

最終順位  21位 (予選通過 出場176人中)




↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

■2017年度 県アマチュア選手権地区予選(兼)ミッドアマチュア選手権地区予選の結果 ・・・春の雨風の中での3年ぶりの戦い   ・・・如何に!?

今年度のアマチュア大会の登竜門となる『県アマチュア選手権大会地区予選(兼)ミッドアマチュア選手権地区予選』に参加してきました。


思えば、2015年度の県アマの練習ラウンド当日の朝練後に2Fからの転落事故で、左手首、左肩関節を骨折し手術、・・・長期リハビリ・・・、1年後の異物除去手術から更に1年間・・・。

長かったですねぇ・・。

気がつけば3年ぶりの出場なのです。

なので、今回はしっかりと大きな試合出場のムードを楽しみたい。
そんな気持ちを胸に戦ってくるつもりでした・・・が、

やはり呑まれちゃいました・・(汗)

大会の独特のムードに・・。

もう、借りてきた猫状態の自分を冷静に判断できるほどに・・・(笑)

はぁ・・・。

まずは、冒頭に結果の報告から。

In43 Out43 Total 86 
35P
パーオン5H

↓ホールバイホールはこんな感じです。
Out △--□△-△-△ +7
In  -△△-□-△□― +7



最終成績は171人中の110位でした。
予選通過は83ストロークからのカウントバックなので予選敗退です。


さて、今回の挑戦を終えての感想なのですが、
一にも二にも、強い緊張状態が敗因です・・(汗)

もう、得意のアイアンショットや、アプローチショットが、ピンを指すことは全くといっていいくらいありませんでした。

反面、ドライバーはまずまずの安定感。
いつもなら、これくらいのドライバーショットが打てれば、スコアは纏められるだろうってくらいに・・・。
これも、緊張がなせるものなのか・・。

さすがに、この状態ではスコアメイクもできず。

また、高速グリーンを予測して、前の週、その前の週と10フィートに設定されたグリーンで、一生懸命に距離感のトレーニングを行って準備を進めていたのですが、これが、当日のグリーンが8フィート程度のスピードに設定されていたのです。

5つのパーオンで36パット・・・
もう、一日を通してパットがカップの手前で止まってしまうようなパットになってしまったのも敗因です。

これも、その他のプレーヤー達は、グリーンスピードが遅いことに不満を漏らしながらも、状況に合わせて、瞬時に距離感を合わせていましたので、私自身のパターが下手なことを思い知らされました。

恐らくなのですが、普段ならばもう少し距離感への対応も上手くいくものが、緊張感が、それを邪魔して直近のに練習したパッティングの距離感(体に染みついた感覚)となってしまうのかな・・と・・(汗)

その時の状況を思い起こしても、目に入るカップまでの距離を無意識に打ってたんです。
いつもなら、距離調整のために、奥の仮想のカップを狙ったりするんですけど、この時はその対処すらできてなかった。

やはり、冒頭の表現通り、借りてきた猫状態だったのだと思います。

思い起こしてみても、3年ぶりの参戦で本当に小さくなってしまっていた自分を感じずにはいられませんでした。

まあ、
なんだかんだ言っても、心の奥底では、予選通過を意識して入れ込み過ぎていたんだと思います・・(笑)


でも、今回参加した同伴者たちも同じような心持だったのではないかと思います。
皆、同じように空回りして・・・、同じようなスコアに落ち着き、予選落ちとなってしまいました。

なので、互いの気持が手に取る様に分かるというか・・・。
一人のプレーヤーは、それがティーショットに現れて、何度もティーショットで暫定球を打つ羽目に。
もう一人のプレーヤーは、アプローチに現れて、何度もグリーンを行ったり来たり・・。
私は、セカンドショットがグリーンをとらえず、アプローチを寄せられず、パターが届かずです・・(笑)

非常に悔しい結果となりましたが、また3名の素晴らしいゴルフ侍と出会たことは、非常に有意義な経験となりました!

来年こそは。

今度は、謙虚な姿勢で参加ではなく。

最初から予選通過を目指して、強い気持ちで参加できるように、今年一年間を成長の時間に使っていきたいと思う今日この頃なのです!


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村



kuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js">

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■久しぶりに友の会コースの月例杯へ・・!  ~シーズイン最初の月例杯で、オフの成果を評価する

先日は、久しぶりにホームコースの月例杯に参加してきました。

実は、予約が遅くてキャンセル待ち4番目だったのですが・・・、
直前になって滑り込むことができました・・(笑)


いよいよゴルフシーズン到来。
季節は春に向かって・・・、と言っても、コースはベージュ色の枯れた芝生に包まれていて、春ムードまでは1か月半くらいはかかりそうですね。

この日は、午前中は比較的太陽の光の中で温かい環境の中プレーすることができたのですが、午後から、天候がガラッと変わって・・・。

この季節特有の非常に強い風は吹き始め、一気に体感温度が下がっていきました・・(汗)


まだまだ、寒さとの戦いは続きますねぇ。

早く、私の大好きな、初夏を感じるプレーをしてみたいものです・・・(笑)


[当日のコース状況]
20151207_01.jpg



まずは、今回のラウンド結果からご報告です。


Out38 In39 Total 77 
29P
パーオン11H

↓ホールバイホールはこんな感じです。
Out --〇-□△〇-△ +2
In  △△△--〇--△ +3




途中、ドライバーでOBもあったのですが、3つのバーディーを決めることができて、なかなかの結果でラウンドすることができました。

月例杯の結果は2位で、久しぶりの入賞でした!

ただ、ラウンドの感想としては、まだまだ、グリー周りからのアプローチが難しい時期で寄せきれないこが多く、やはりこの時期は、アプローチの精度が問われることを実感しました。

今回のラウンドでは、3つのバーディーのおかげで、スコアメイクができましたが、4月末くらいまでは薄柴に対応するアプローチを練習しておかなければならいですね。

良かった点は、ショットの安定感。
アイアンショットや、FWでのセカンドショットが1年ぶりに復調して、バックティーからのラウンドでも61%のパーオン率をすることができました。

昨年1年間・・、右手小指の腱鞘炎の影響もありましたが、セカンドショットの距離感や、方向性に悩み続けていたのですが、この日のラウンドではかなり改善されており、この冬の、スイング練習の効果を実感することができました・・(喜)

もう一つ喜ぶべきことが、右手小指の腱鞘炎が随分と良くなってきていて、グリップがほどけるようなミスが無くなってきたことです。
まだ、完治していない不安もあるのですが、この春先はかなりストレスの無い状態でラウンドできそうです。

また悪化させないように、練習のし過ぎには十分に注意していきたいとおもいます!

シーズンイン最初の月例杯としては満足の結果となりましたが、中期的な目標として取り組んでいるスイング改造(フェードボールの習得)もありますので、夏に向けてまだまだ頑張っていきたいと思います。


↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村



kuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js">

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

■久しぶりに「友の会コース」の月例杯へ・・!  ~冬を感じさせる機構の中でのラウンドでの粘り

先日は、久しぶりに「友の会コース」の月例杯に参加してきました。


久しぶりのコースでは11月の初旬でもあって、取り囲む木々も赤く色づき始めてとても美しい景色が待っていました。
この日は、午前中は比較的太陽の光の中で温かい環境の中プレーすることができたのですが、午後から、天候がガラッと変わって・・・。

黒い雲に覆われ始めたかと思うと、非常に強い風は吹き始め、一気に体感温度が下がっていきました・・(汗)

もう、完全に真冬を感じさせる気候なのです。

私なんて、昨年以降入れっぱなしのネックウオーマーと、手袋と、カイロを持ち出して対処したのですから、

本当に寒かったですねぇ。

もうちょっと、秋の日を感じるプレーを続けたいものです・・。


[当日のコース状況]
20141124_01.jpg




まずは、今回のラウンド結果からご報告です。


Out40 In41 Total 81 
29P
パーオン7H

↓ホールバイホールはこんな感じです。
Out --〇-□△△-△ +4
In  △△△△-〇-△△ +5




スタートはアウトコース。

前半の3ホール目では、久しぶりにパー5で2オンして2.5mのイーグルチャンスにつけることができました。ただし、結果はこのパットを僅かにショートしてのバーディー。

以降もスタートから危なげのないプレーを続けることができていたのですが、5番ホールでのコース戦略の誤りから一気にペースダウン・・。

原因は、中途半端な刻みから入れてはいけないピンから50ヤードのバンカーに捕まったこと。
このホールのバンカーから・・出ず、寄らず、入らずのダブルボギーの失態から流れが悪くなったのです。

このような「少しでもピンに近づけたい」の気持は要注意ですね。やっぱりしっかりと距離をコントロールした刻みに徹したいものです。

で、前半は好調のショットの中でも4オーバーとなってしまいました。

さて、昼食後は、最初にご説明した通り、一気の天候は冬模様へと変化を遂げ・・
寒さが最も苦手な私は、少しずつ良い感覚を奪われていきました・・(笑)

それでも、相変わらずドライバーは好調だったのですが、強い風に、アイアンショットの距離感や、方向性を狂わされ、乗らず、寄らず、入らずが続く中でボギーを積み重ねていく展開になってしまいました。

途中、チップインのバーディーが少しの薬にはなったのですが、日没が掛かる上がりのホールではすっかり体も冷え切ってしまい、ゲームオーバーの展開でした。

でも、スコアが示す結果よりも、ショットの内容が良かったのは救いです。

それに、ここ最近、右手小指の腱鞘炎が随分と良くなってきていて、グリップがほどけるようなミスも無くなってきました。

シーズンオフを前に、ショットの調子が上がっていくというのも、なんだかなぁって感じなのですが、来期以降の中期的な目標として取り組んでいるスイング改造(フェードボールの習得)もありますので、これからの季節ももうちょっとだけ頑張ってみたいと思っています!



↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村






■2016年度 クラブチャンピョンシップ杯を終えての総括

週末は、メンバーコースのクラブチャンピョンシップ杯(決勝)の開催日でした。

私のホームコースでは、予選12位タイまでのメンバーが決勝へ進出し、最終結果は予選の27ホール決勝の27ホールのスコアを通算して54ホールのストロークプレーでの戦いになります。



【早朝の風景】

20131014.jpg



今回のクラブチャンピョンシップ杯については、実は先週の予選会で、40・40・42の122のプレーでトップの選手とは10打差の状況となっていて、チャンピョンは望むべくもなく・・(汗)

決勝では、予選での不甲斐ないプレーを決勝では納得のプレーに変えたいと思って臨みました。

ただ、これまでのブログでも報告の通り、受傷後の左腕の後遺症をかばうがゆえに、反対側の右腕の方の肩の痛みと、右手小指の腱鞘炎が発症してしまっており、思うようにスイングが出来ない状態なのです。

ただ、そんなことを言い訳にしても何も変わるわけでもなく。

出場するからには、出来るだけの準備を行い、悔いのないプレーを目指すべく、頑張っては見たのですが・・・

決勝を含むトータルの結果は以下の通り・・。



【予選】 合計 40+40+42=122  41P(27H)
          パーオン 9H (27H)
【決勝】 合計 41+41+43=125  45P(27H)
          パーオン 8H (27H)


【トータル】 122+125=247ストローク (54H)  
      平均スコア 82.3      
      パーオン率 31.5%      
      平均パット数 28.9




さて結果は、ご覧の通り・・更に傷口を広げるようなものとなりました・・(汗)

敗因は、単純にショットの安定感の欠如でした。

特にフェアウェイウッドや、アイアンで、何でもないライからのトップやダフリがいつになく多く、スコアに大きく影響してしまいました。

また、アプローチの距離感に苦しみ、予選、決勝を含めてピンをオーバーしてしまう距離感の修正ができませんでした。

課題は、やはり普段からずっと問題だと捉えていた部分ばかり。

やはり普段からの問題点が、こういった気持ちの高まるプレーの時に、よりミスの発生確率が高まる方向で現れるのでしょう。

そもそも復活の初年度から、思い通りのプレーができるとは思っていませんでしたが、トップで予選通過し、最後まで優勝争いを続けられた2年前の姿からすると、やはり大きくゴルフの内容が変わってしまったことを痛感した次第です。

さすがに気落ちしてしまって元気のない状態なのですが、いつまでも悔やんでいても何も変わらないのですから、気持ちを入れ替えて、また来週からのゴルフを楽しんでいけるように練習をスタートしたいと思います。

そしてまた、以前のようなプレーができるように、反省すべきは反省し、来年のクラブチャンピョンシップ杯での納得のできるプレーを目標にまた、1年間のトレーニングに励んでいきたいです。




↓ご協力いただければ幸いです。
にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村






テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール
ランキングにご協力願います!
ランキングに参加中です。バナーをクリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
最新記事
お勧めのゴルフ書籍
楽天
カテゴリ
セレクトショップ
ゴルフ場予約 楽天GORA
フリーエリア
検索フォーム
にほんブログ村
リンク
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
43位
アクセスランキングを見る>>